Web magazine

巨大マッチ棒の本当の正体は?

2012年10月 | CATEGORY : 小ネタ合戦 | COMMENT(1)

matti005.jpg

八風街道を三重県から琵琶湖へ向かう途中の
のどかな平地に、灰褐色の巨大な
マッチ棒がポツリ佇んでいる。



一見すると煙突のように見えるけど、
頭の部分が塞がれているから、
煙突ではない。
何かをアピールする広告塔でもなく、
もちろん現役で稼動している気配もない。

むしろ所在無さげで、
どことなく申し訳なさそうだ。


matti001.jpg

実はこの建築物、
昔の水道施設の配水に関係する建築物で、
水の供給がままならない平地に、
井戸水をポンプで汲み上げた施設の遺構らしい。


matti002.jpg

この建築物がある永源寺町青野地区は、
昭和42年に供給開始したダム、
永源寺ダムの底にあった集落が
集団で移転した土地で、
この風変わりなマッチ棒も、
青野地区の人々が残しておこうと決めたらしい。


matti007.jpg

ダム建設に故郷を追われた人々は、
やがて無用の長物となった水道施設に、
何か想いを託し、
残すことを決めたのかもしれない。

明確な所有者もないこの建築物は
観光化されるわけでもなく、
「水」をめぐる物語の裏のシンボルのように、
ひっそりと佇んでいる。


●マッチ棒のような遺構
滋賀県永源寺町青野地区/2005年7月/サカイ



コメント(1)

Hmm, das war seltsam, habe meinen Kommentar gegessen. Jedenfalls wollte ich sagen, es ist sch?n zu wissen, dass jemand anderes dies auch erw?hnt, wie ich hatten Schwierigkeiten, die gleichen Informationen an anderer Stelle. Dies war der erste Ort, der mir die Antwort sagte. Danke.

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス