Web magazine

廃墟という名の産業遺産「別子銅山東平地区」

2012年09月 | CATEGORY : 産業遺産大(炭鉱・鉱山・工場) | COMMENT(0)

tonaru01.jpg

別子銅山は1690年に発見された銅山で、
その翌年より銅の産出が開始された。
東平地区は1916年から1930年まで
別子銅山採鉱本部が置かれていた地域である。



tonaru02.jpg

観光地化されたマイントピア別子より
車で30分の山中にあり、
このような山奥に多くの人々が集まり生活していたなど、
にわかには信じがたい。
住友の協力を得て整備されたといわれているが、
整備は最小限に抑えられ、廃墟マニアも十分に楽しめる。


tonaru03.jpg

「東洋のマチュピチュ」をキャッチフレーズに
宣伝がなされているが、なるほど、
そういわれればそうかもしれない。
非常に小さなマチュピチュである。
この遺構は坑道から運ばれてきた鉱石を
一時的に保管しておく貯蔵庫だったようだ。


tonaru04.jpg

煉瓦造りの遺構がところどころに残されている。
特に変電所は全く手がつけられていないため、
ガラスも割れたまま、壁は崩れ、木に埋もれている。


tonaru05.jpg

産業遺産の観光地としてはアウトかもしれないが、
廃墟マニアにとっては嬉しいかぎりだ。


tonaru06.jpg

近年、様々な産業遺産廃墟が整備され、
観光地化されているが、この場所ほど遺構に近づけ、
なおかつ廃墟であったころの
雰囲気を残している場所はないだろう。


●別子銅山東平地区
愛媛県新居浜市/2007年8月/丈平あんこ



コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス