Web magazine

海の男たちの街、御前崎で見つけた豪快な「魚の表現」

2012年08月 | CATEGORY : 終末物件 | COMMENT(1)

omaezakibigfish.jpg

「魚」。
海に近いというだけで、
大した特徴もない自治体にとって、
博物館や資料館を作るにあたって
「魚」の存在はあまりにも大きい。



一般的に、魚は泳いでいる姿が美しいので、
その点では「水族館」が魚の見せ方としては一番適している。

しかし、才能ある「魚表現者」たちは、
水族館以外にも魚の素晴らしさをアピールできる方法を
日夜模索しているようだ。

そんな熱い魂が込められた「魚の見せ方」の究極の形を、
アカウミガメの産卵地としても有名な
静岡県御前崎で目撃した。

御前崎海鮮なぶら市場の喫煙コーナーにて発見した魚は、
「リアルかつ巨大」にすることによって、
突き抜けた魚アートを作り上げた。

魚の下に注目してほしい。
タイヤが付いている。

何か特別な時には、このタイヤが回転して、
ガラガラと動くのだろう。
もはや「泳ぐ」を通り越して
「突進する」という表現がピッタリだ。
新しい境地を開拓したようだな。

御前崎には「なぶら」という言葉がある。
かつお漁の漁師さんが、
かつおの群れを発見したときに
大声でシャウトする男言葉だ。
そんな男言葉が定着する御前崎だからこその魚表現は、
デカくてリアルで目立つ。
実に、男らしいではないか。


omaezakinabura02.jpg

そして、もういっちょ。
御前崎海鮮なぶら館の
ロードサイドの看板の写真。

「魚」一文字で全てを伝える男らしさが
ここにも表れている。


omaezakinabura01.jpg

トドメは、「なぶら館」で展示されていた
「星の糞(ほしのくそ)」だ。

星とウンコ。
男たちのロマンチストぶりと
ヤンチャぶりがストレートに伝わるネーミングだ。


●御前崎海鮮なぶら館の魚表現
静岡県御前崎/2005年12月/サカイ



コメント(1)

Beifall für das erstklassige Informationen werden hier in Ihrer Website geschlossen, hier ist ein kleiner Test für Ihre Website-Abonnenten. Wer erkl?rt das folgende Zitat? . . . .Sie Sind der einzige Mensch auf der Welt, die Ihre F?higkeit verwenden.

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス