Web magazine

おばっちゃ!

2012年07月 | CATEGORY : ニッポンの特別な人 | COMMENT(2)

obasann07.jpg

2008年10月のとある晴れた日の午後、
元愛知県漂流編集部の遠藤文庫氏の案内のもと、
僕は長野県を訪れました。



その時、某観光施設のベランダに鳥の死骸を目撃しました。
天寿をまっとうしたかのような鳥の死骸には、
傷ひとつなく、とても神聖なもののように思えました。
自分んちで発見したら、
丁寧に埋葬してあげたくなるようなヤツでした。

観光施設をひと通り見終えて、
受付のおばあちゃんとともに外に出ると、
さっきまでベランダにあった鳥の死骸がありません。
おかしいな、と思ったけど特に気にも留めませんでした。
そして地階に降り立ってみると、
ベランダの真下に鳥の死骸が移動していました。



おやおや。
誰かの手によって落とされたんでしょうか。

すると、受付のおばあちゃんが、
片手にホウキを持って、
鳥の死骸に近づいてゆくではありませんか...。



obasann02.jpg

何がはじまるのだろう...。
とりあえずコトの成り行きを見届けようとすると...


obasann03.jpg

なんと、落ち葉やごみを掃くためのホウキを用いて、
鳥の死骸を掃きはじめました...。


obasann04.jpg

コロコロと鳥の死骸が移動してゆきます。


obasann05.jpg

その鳥の死骸、ベランダにいたヤツですよね...とたずねると
「そうだで。わしゃ、下にほうったんよ。
ゴミ屋さんが運びやすいように」
と、少しのためらいもなく、告白してくれました。


obasann06.jpg

鳥の死骸の位置を決めるべくして、微調整に入りました。
ゴルフでいうところのパターのような感じです。


obasann07.jpg

鳥に対する正式な儀式のようにも思えてきました。


obasann08.jpg

仕上げに、鳥の身体をホウキでツンツンしてました。

おばあちゃんは、とても親切で
愛嬌があって素敵な方でした。
鳥の死骸を落下させて、ホウキで掃いたとしても、
それは変わりません。


●鳥の死骸をコロコロ掃除するおばあちゃん
長野県にて/2008年10月/サカイ



コメント(2)

これ、日本歴○館ですね。

私もこのおばあちゃんとお話しをしました。

かつてご主人が九州の某炭鉱で働いていて、退職後に長野に戻り、以来ずっとここの受付をしていると言っていました。

●ほいじんがさんへ


さすが、ほいじんがさん!
ほとんど施設うつってないのに、ご名答です!!
 
しかもおばちゃんのディープなマメ知識を
教えていただきありがとうございます(笑)
 
生死をかけた毎日を送る炭鉱マンの嫁だからこそ
平然と死骸をコロコロできるのでしょうか……
 
(イシカワ)

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス