Web magazine

世界一の鮪の貯金箱

2012年06月 | CATEGORY : 小ネタ合戦 | COMMENT(0)

maguro07.jpg

気仙沼市の港を散歩していると、
漁港と遊歩道の中間部分に、
魚に乗った大福様のようなモニュメントを発見した。



地元の伝説に由来した、大漁を願う神様かな、
もしかしたら、地元に伝説なんて何もないけど、
景気づけに、一発おっ建てちゃったのかな、
どっちにしろ奇妙だな、
でも旅先だし大らかな気持ちで観賞したいな、
と思って、立て看板の説明文を読んでいたら...
なんと「世界一のマグロの貯金箱」でした。

なんて自由な発想なんだろう...
もしかして、神社のお賽銭箱のことも、
「ありゃ神社の貯金箱でしょ?」
なんて思っているのかもしれません。
そうだとしたら、大きな間違いだぞ。
(誰か教えてあげろよ、
初詣の日に願いを込めて銭投げする楽しさを...)

鮫(気仙沼の名物)のように鋭く気の触れた立体物に、
私のような俗物は、恐れおののくばかりである。



maguro01.jpg

見た感じは、愛嬌があります。
日本昔話のような雲も、イイ塩梅です。


maguro02.jpg

「この貯金箱に寄せられる夢と基金は、
市行政と私共民間団体、
そして多くの市民との話し合いにより
活用していくものです」
と書いてあります。
おいおい...マグロの銭箱ごときに、夢とか軽々しく使うなよ。
白球に夢を重ねる、高校球児に失礼だぞって話だよ...。


maguro03.jpg

銭ッコ入れてケロ、ほれほれ、銭ッコ入れてケロケロ。


maguro04.jpg

ギブミーマネー、ゲンナマのことだぎゃ、あーん!


maguro05.jpg

ウシシシッ。楽して丸儲け!大漁大漁だべ!


maguro06.jpg

万札カモーン! それー!万札カモーン!


maguro07.jpg

マグロの腹を切り裂いたら小判がザッザク!
ついでに刺身にして食っちゃろか!

と、ダークなことばかり思いついて、
大人気ない文を書き連ねてしまいました。
すみません。

本当は嫌いじゃないんだ、
世界一って言葉もマグロも貯金箱も。
ただ、組み合わせが良くないのでは?
道端にある必要があるのかね?
という疑問が、あるのみです。


●世界一の鮪の貯金箱
宮城県気仙沼市
2008年8月/サカイ


 

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス