Web magazine

廃墟リバイバルシリーズ「旧コーンスターチ工場」

2012年05月 | CATEGORY : 産業遺産小(ケーブルカー、変電所) | COMMENT(1)

konnsuta99.jpg

おっす!廃墟リバイバルシリーズです。

舞台の書き割りというか、
子供の書いた絵のような、不思議な外観でした。



konnsuta02.jpg

内部には、ヘンテコな機械が
コンクリの上に鎮座しておりました。


konnsuta03.jpg

巨大なパイプがニョキってました。


konnsuta04.jpg

鳩どもの糞が地面を白くさせていたのでありました。


konnsuta05.jpg

小道を挟んで向かい側には、煉瓦の塊がありましたよ。


konnsuta06.jpg

その隣には錆びた鉄骨だ。


konnsuta07.jpg

さらに、もう1つ工場がありましたが、
ボケビッチな写真1枚しか撮りませんでした。


konnsuta08.jpg

字が逆から書かれていて、
不思議だなぁーと思って写真に収めました。

●覚書1
この物件は、2007年2月に「廃墟伝説」の黒魔氏を迎え、
「TALKIN' TRASH」のイルカくんと共に
愛知県の廃墟を探索した時に見つけた物件です。
そして私が廃墟潜入において用いたテクニックを、
黒魔氏から"モグラ作戦"と名付けていただいた、
記念すべき物件でもあります。

【モグラ作戦】とは...
地面と障害物の間を潜り抜けるという、
困ったときに使う潜入方法。
ところが誠に残念なことに、
この物件はモグラ戦法を用いなくても、
開いてるドアからカンタンに
入ることができたのでした。
その事実が判明したときの、
イルカ氏と黒魔氏の冷めた目つきは、
未だに忘れることができません。

●覚書2
そして2007年3月に、
再度この物件を訪れることにしました。
その理由は、今度は関西から
刺客がやって来たからです。

廃墟のみならず工業機械などを
キレイに撮影することで有名な、
「RUINS EXPRESS」のreiさんと、
廃墟と同等に工業地帯のフォトのコンテンツも人気の
「廃墟ディスカバリー」のコバテックを
案内することになったので、
せっかくならマシーンがたくさんあるような物件を
美しく表現していただこうと、考えたからです。

あと、廃墟サイトきってのやんちゃ青年
「記憶屋廃墟」のドイテフが神奈川から乱入したのも、
忘れてはなりません。
「記憶屋廃墟」は最高にアブないサイトです。
僕はそんな危ういサイトを管理しつつも、
性格の良いドイテフくんが好きです。

さらに、近日中に廃墟サイトをオープンさせるであろう、
ガス坊やも一緒でした。

もちろん「TALKIN'TRASH」のイルカちゃんもいます。
大勢で探索するのもたまには楽しいですね。

(※編集部注 
初掲載当時の楽しい雰囲気を損なわないよう
そのまま掲載しました)


●旧コーンスターチ工場
愛知県西三河地区/2007年3月(取材)/サカイ



コメント(1)

Und Ihre Aussage oben, dass die meisten in der Schaffung von unserer Website auf einer t?glichen Basis verwendet Software ist Open Source ist nicht mit Ihrer Aussage in dem Artikel, der heutige dailyrepublic.com wurde mit 100 Prozent Open Source-Software erstellt.

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス