Web magazine

不幸親子のエンドレスワーク

2012年04月 | CATEGORY : 交通安全看板 | COMMENT(0)

fukooyako.jpg

ルーブル美術館に向かう、
R165を1本入った田舎道を快走中、
悲しそうな目でこちらを見つめる
親子(多分)に出会いました。



その視線が妙に気になった私は、
車を止め、近くに歩み寄ってみました。
その親子は、えらく疲れた様子で必死に、
「交通安全」を訴えていました。

しかし、どう見ても私には、
「罪を犯し貼り付けになった泥沼親子」にしか見えません...

親子の訴えは痛いほど伝わるのですが、
夜や雨の日に見ると不気味なので、
ドライバーにとっては
逆効果になるような気がしました。

どなたか、もっと割のいい仕事を
紹介してあげて下さい(急)。 

●交通安全を訴える親子カカシ
三重県のどっか/2005年8月/舟橋蔵人



コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス