Web magazine

廃墟という名の産業遺産、煉瓦の遺構「諸戸水道」

2012年04月 | CATEGORY : 産業遺産大(炭鉱・鉱山・工場) | COMMENT(1)

moro01.jpg

以下、たて看板の文章ほぼ丸写しの文章です。

「良水を求める住民の深刻な声に、
桑名の富豪、諸戸氏が独自で巨費を投じ苦労を重ね、
6年の歳月を経て明治37年に私設の水道を完成させた、
日本で第7番目の水道の遺構。」

小高い丘の中腹にありました、諸戸水道。
喉が渇いていた僕には、
毒々しい緑色の液体が、
抹茶ジュースに見えてしまいました。

 
 
moro02.jpg

規則正しく配置された煉瓦。
 
 
moro03.jpg

実際のところ、規模も小さく、
煉瓦以外なにもないので、
煉瓦マニアと水道マニアと諸戸さんマニア以外には
あまりオススメしません。
 
 
moro04.jpg

抹茶のアイスクリームが食べたくなります。
 
 
moro05.jpg

全景はこんな感じ。
遺構といっても、ウワモノは何もなく、
地中に煉瓦の遺構があるのみ。
 
 
moro06.jpg

詳しい内容です。

また、桑名市内には、
諸戸一族の庭園や邸宅なども
一般開放されているようです。
なかでも、和洋の様式が調和した
重要文化財『六華苑』は素敵です。

※もちろん、車内では友川かずきの「桑名の夜」を聞きました。


●諸戸水道遺構
三重県桑名市大字東方字上の越/2007年3月/サカイ
 
 
 

コメント(1)

Ist Ihre Website genau zeigen Emoticons? Seit meiner Seite kann nicht -?

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス