Web magazine

バーチャルな百貨店

2011年11月 | CATEGORY : 小ネタ合戦 | COMMENT(5)

IMG_0651-400x299.jpg

ボクの住んでいる塩尻(しおじり)という街は、

長野県の中央に位置する山のふもとにあるいなか街です。

数年前これまで頼みの綱だった

大手百貨店のイトーヨーカドーすら撤退してしまい、空が青い。

元来イトーヨーカドーなんかで

冬物半額以外は買ったことないボクなので、

なくなったっていっこうに構わないのですが、

百貨店というものがない街というのはどこかさみしいな、

と感慨にふけっていた時でした。

あったのです、百貨店。

しかもバーチャルと来たもんだ。

シャッター閉まってても、営業しているはずです、

バーチャル空間で。

 

IMG_0654.jpeg
 
閉ざされたシャッターを連打してみましたが、

返事はありませんでした。

バーチャルな空間に3次元空間から

直接アクセスは不可能のようです。

この後、わたしはどうすればよいでしょうか?

1、看板にある電話番号に電話してみる

2、建物の裏に回って持ち主であろう家の主人に直接質問攻め

3、バーチャル空間に直接アクセスできる技術が開発される22世紀を待つ

コメント欄にご希望の番号を投稿してください。

やってみようと思います、気が向いたら。

 

 

●バーチャルな百貨店
長野県塩尻市/2011年10月/遠藤文庫
  
 
 

コメント(5)

あくまでもバーチャル(仮想)なので実在しないのでは?と思いつつもここは2で。

ネット上のバーチャル空間で営業しているかもしれないと思って検索してみたけどヒットしないので、ここは1で。

バーチャルと聞いて以前広島にあった(多分今はもう無い)
バーチャルボーイという店を思い出しました。
暗い部屋で長時間AVが見れていつの間にか女の子というか
おばちゃんが下の方に現れるそうです。
しかし百貨店という事でこれは珍しいですね。
2に一票。

なんか倉庫みたいでいい具合の店構えですね。
バーチャル空間では、きっともっとかっこいいんでしょうねぇ。

私も2希望です!!

やっぱ2でしょう。
 
あなた誰?と聞かれたら、
 
自信満々な表情で、
 
バーチャルファイターさ
 
と応えてほしいです。

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス