Web magazine

奇怪!無数の石膏像が存在する廃小学校の巻

2011年09月 | CATEGORY : その他廃墟(廃屋・廃校・病院) | COMMENT(6)

20110918_18.jpg

最近廃墟ブログ「廃れゆく部屋」をはじめた

 

くまおさんから廃校のレポが届いたよ!

皆さんこんにちは、くまおです。

最近久しぶりに血液が逆流するほど

興奮した廃墟と出会いましたのでレポしたいと思います。

 

廃墟仲間の鬼束7段さんと一緒に

岡山県北部の廃校に向かっていたのですが、

運転中、会話に夢中になっている時に

僕の体内に何者かによって埋め込まれた

廃墟レーダーがあの時と同じく激しく作動したのです。

 

20110918_1.jpg

近づいてよくみると間違いなく廃校のようです。

その日に行く予定だった廃校ではないのですが立ち寄ることに。

グラウンドでゲートボールをしていたお年寄りたちにお話を伺うと

この廃校の卒業生たちでした。

 

学校の歴史を知る上で

卒業生たちの話ほど信憑性が高いものはありません。

この学校がいつ頃廃校になったのが訊いてみました。

 

不思議なことにバラバラの答えが返ってきました。

質問を変えることにしました。

この小学校、多い頃には100人以上の生徒がいたことや

校舎は3棟あったが1つは倒壊したことなど教えてくれました。

 

そして丁度終了時間だったので

彼らは帰って行きました。

 

20110918_2.jpg

そして僕たちは中にいます。

水色のような、淡いグリーンのような廊下に立っています。

 

20110918_3.jpg

学校に似つかわしくない物が

机のほとんどを占めていました。

なんでしょうか?

 

20110918_4.jpg

インクか薬品を入れる瓶のようです。

 

20110918_5.jpg

玄関にも沢山の段ボール箱が積まれており、

中には彫刻等や色鉛筆などが新品のまま放置されています。

 

この段階で廃校後、

明らかに別の用途で使われていることに気がつきました。

文房具用品の倉庫かと思いました。

 

20110918_6.jpg

学校の応接間のようですが

ひょっとしたら転用後の会社の応接間かもしれません。

 

20110918_7.jpg

応接間の壁には絵の入っていない額縁が

数個飾られています。

 

20110918_8.jpg

頭から血を流しています。

よく見ると赤絵具です。

「お前らもこうなるぞ」という暗示でしょうか。

そんなのが怖かったら廃墟探索なんかできません。

 

20110918_9.jpg

なんとも変わった残留物の学校ですが

それはそれで大変面白いし、この淡い色をした内装が

僕好みで夢中で写真を撮りました。

 

20110918_10.jpg

この懐かしいロッカーのある廊下を抜けると

 

20110918_11.jpg

隣の棟に続く渡り廊下があります。

まるでイギリスの庭園のようではありませんか。

行ったことないから知らないけど。

 

ふんふんふ~ん♪

隣の棟に入った途端、僕の鼻歌は止まりました。

 

20110918_12.jpg

先ほどの棟で2~3個転がっていた石膏像がこんなに・・・

 

20110918_13.jpg

教室に入ると、もっと無数の石膏像が壁に掛けられており

ざっと数えただけでも、

いや結局数えなかったのでわからないけど、

とにかく沢山あるのです。

 

20110918_14.jpg

そしてみんな僕たちを見ているのです。

 

20110918_15.jpg

普段あまり人と目を合わさない

シャイなあんちきしょー的な僕なので

本当に参りました。

 

変な汗が出てきて

あまり長居をしたくないなと思っていたとき、

僕はとても美しいものを見つけました。

 

20110918_16.jpg

僕がカメラを向けると恥ずかしそうに俯き、

ポーズをとってくれました。

 

いくら僕がシャイなあんちきしょーでも

彼女の期待には応えなくてはいけません。

 

僕は無心でシャッターを切りまくりました。

 

20110918_17.jpg

この辺で読者のみなさんが

ドン引きしているのは承知の上ですが

教室に入り込む柔らかな光に照らされた彼女は

本当に神秘的でした。

 

20110918_18.jpg

やっとこの建物の最終的な用途が分かってきました。

 

どうやら画材を作っていた会社の工場件倉庫のようです。

床には石膏像を制作するための型が沢山転がっていました。

あの美しいステファニー(※上記の女性像)も

大量生産されたのでしょうか。

でも僕にとって彼女はオンリーワンなのです。

 

20110918_19.jpg

バーバラ......じゃなかったステファニーに、

必ずまた来ることを約束し

 

僕は万感の思いで外に出ました。

日ごとに秋らしくなっていく

この頃の田園風景は格別美しい。

美しい廃校とジェニファー......

じゃなかったステファニーを見つけた後なら

なおさらです。

 

20110918_20.jpg

草木に埋もれたこの廃校に、

僕のハートを盗んだ彼女が住んでいます。

 

20110918_21.jpg

 

 

 
●「無数の石膏像が存在する廃小学校」
岡山県北部/2011年9月/くまお
 
  
 

 
 

コメント(6)

窓に吊るされた白い首
アレがヤヴァいですね?((((゜Д゜;))))
夜に訪れたらきっと心霊と勘違いする輩が出る事でしょう

kさん>
ここに夜中に行くと必ず白いやつらの宴を見ることが出来ます。
住んでいるところからバイクでかなり距離がありましたがアニース、じゃなかったステファニーに会うためにまた行く予定です。

すごい!!
最近のくまおさん、マジで神がかりですね。
かつて僕の背後にもいたはずの(今では気配もない)、
廃墟の神様が、完全にくまおさんに付いていますね!!
   
廃校の転用は、いろいろと見ますが、
画材を扱う会社ってのは、とても珍しいですね。
窓に浮かぶ、石膏マスクは、今までみた廃校写真のなかでも、
1,2を争う、衝撃ショットだと思いました。
 
クリスティーヌの美しさも、素敵過ぎです。
  
とても羨ましい、廃墟体験だと思いました!!

あっ、ステファニーだった!!

酒井さん>
この記事を書いていてこれは廃校よりも廃工場のほうがしっくりくるのかも?と思いましたが廃校のほうが読者の食いつきがいいだろうという大人の計算をしてしまいました。

行ってみたら大したことなかったと言う経験もこういう経験の何十倍もありますのでそんなに運が良い方じゃないかもしれませんwww

記事とか写真とか、ありがとうございます。

・・不法侵入ですか?

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス