Web magazine

アキバでパーコーメンが飛んでいる

2011年08月 | CATEGORY : ローテク看板 | COMMENT(0)

ローテク看板にも、よく目につく普及タイプが存在します。

どんぶりの上で、麺をくっつけた箸が上下に稼働するというものです。
すでにご報告した通り、ラーメンタイプ、蕎麦タイプなど
麺の種類にバリエーションがあることがわかっていますが、
先日、また新型が発見されたのでご報告します。

 

今やどんなオシャレタウンよりも、世界からの注目度が高いアキバ。
秋葉原駅徒歩5分の好立地にある、「肉の万世」の本店に、
堂々と設置されているローテク看板。
 
 
 

赤い箸、たまご色の麺、企業ロゴ入りオリジナルどんぶり。
と、ここまでは既存のタイプと同じですが、
箸ががっちりと掴んで話さないのは...
 
 
 

パーコーメンです。
 
 
 

元気に上下運動を繰り返すパーコーメンです。
 
 
 

麺とどんぶりの中身は普通です。
 
 
 

ジューシーな肉を持ち上げているからでしょうか、
躍動感にあふれていました。
 
 
 
●「肉の万世 秋葉原本店」パーコーメンのローテク看板
東京都千代田区/2011年1月/イシカワ
 
 
 

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス