Web magazine

吉野家の軒先で、蕎麦が上げ下げ

2011年08月 | CATEGORY : ローテク看板 | COMMENT(3)

こんにちは、イシカワです。
以前サカイ氏により
大久保の韓国料理屋の軒先で上げ下げする麺
のローテク看板が報告されましたが、
まったく同じ原理で動く麺と器のセットを目撃しました。

発見現場は阿佐ヶ谷の商店街です。 
なんと、有名牛丼チェーン店「吉野家」の店先で、
蕎麦が上げ下げしているではありませんか。

 

最初に通ったときには、気づかず通り過ぎてしまいました。
なぜなら、電気がついておらず存在感がまったく無かったからです。

ローテク看板は、動かないと普通の看板より地味です。
(※電気がついてないときの画像撮り忘れたため、写真は稼働時) 
    
 
  

帰りに通りかかったときにも、依然として麺は沈黙していましたが、
これはローテク看板に違いないと思い、近寄ってみると...
コンセントが抜けているのに気づきました。
(※電気がついてないときの画像撮り忘れたため、写真は稼働時) 
 
 
  

コンセントを差しました。
麺も動くのが本望だろうと思ったからです。
ローテク看板は、やはり動いていないと
魅力が半減してしまいます。 
 
 
 

 
中身はやはり、カラでした。
 
いままでは、
ローテク看板が「動いている」ことに、
たいした宣伝効果は期待できないと思っていました。
しかし今回初めて、動いていない時のローテク看板を見て、
そのあまりの地味さに、衝撃を受けました。

ピカピカ光ったり、ギコギコと動いたりするのは、
やはり人の目を惹く重要な要素。
ローテク看板の真髄に肉薄することができる
貴重な体験でした。
以上。
(考察はテキトー)
  
  
  
●「吉野家」阿佐ヶ谷商店街にある店舗
東京都杉並区/2010年8月/イシカワ
 
  
 

コメント(3)

僕の妻の話では近所にもあるそうです。
ちなみに味噌ラーメンだそうです。
動画見ていてもどういう原理で動いているのかしばらく分かりませんでしたw

あっ、これウチの近所のうどん屋にもあります。
比較的交通量の多い道路沿いに置いてある為、
真っ白だったうどんがだんだん薄汚れていく様が悲しげでした。

●くまおさん

ぱっと見ではわからない、けっこうニクイ仕掛けなんですよね(笑)
ラーメンの種類まで特定できるとは、
丁寧な仕事ぶりのローテク看板ですね!
ぜひ、まわりの人から怪しまれながら動画を撮ってみてください!

●ヨウスケさん

うどん型もあるんですね!
どんどん汚くなっていき
職務を全うする姿もいじらしいですよね。
麺はそばより太いのかなぁ・・・

(春吉)

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス