Web magazine

世界24のゴーストタウン屋島の廃ホテル「屋●館」

2011年06月 | CATEGORY : 宿泊施設の廃墟(ホテル・旅館) | COMMENT(7)

こんにちは!石川です。
コネタばっかり書いてると、盟友マツピンさんにからかわれるので、
四国の廃墟のことを書こうと思います。
香川県の屋島は人口密度ならぬ、廃墟密度が高かったです。


屋島の山頂は、世界24のゴーストタウンに
堂々とランクインするほどの廃墟マニア垂涎の場所である。
と、ウェブかなにかで取り上げられていたので、
ものすごく寂れていることを期待して、
屋島ドライブウェイで山頂に到着しました。
ところが観光客でごった返していました。
 
 
 

寺院や幾つかの観光施設は繁盛しているようで、
おばちゃんがいっぱいいました。
肩すかしをくらってウロウロしていると、
混んでいるなかに、混んでいない場所が点在しているのがわかりました。
現役施設と終末物件と廃墟が、
それぞれ適度な距離を保ちつつ共存していました。
 
 
 

多くの物件がわかりづらい場所にあり、
日夜廃墟マニアを悩ませていますが、
屋島の廃墟群は非常に堂々としています。
この屋島館も道路に面しており、
辺りを静かに負のオーラで満たしていました。
 
 
 

正面玄関。天井注意。
 
 
 

一階部分。残留物なし。
ガラス張りの窓の外から、観光客にじっと見つめられ、
そして何事もなかったことにされる。
まるで自分が廃墟の一部になったような孤独を味わえます。
 
 
 

光の入り具合といい、壁の色合いといい恰好の被写体でした。
階段の階数表示もどしっとした昭和スタイルで、素晴らしいです。
このホテルは、全体的に細部の意匠が良かったです。
 
 
 

臙脂色のカーテンも、光の射し方によっては美しく姿を変えそうです。
 
 
 

客室はそれほど荒らされることもなく、不気味に沈黙していました。
 
   
  

特にこれといった特徴もありませんが、
何故かどの部屋もカーテンだけは凝っています。
 
 
 

和室タイプの客室。
有料道路を通らなければ山頂まで登ってこれないため、
内部は荒らされることなく、完全に廃業時から時間が滞っていました。
 
   
 

中庭部分、渡り廊下からの眺めです。
植物が繁茂してます。
現役時代は風流な眺望だったかもしれません。
 
 
 

だらしなく伸びてます。
  
 

建物の外側部分。蚊がいっぱいいました。
   
   
   

浴室。外から見えそうですが、けっして眺望が良いわけではありません。
廃業の理由が漂っていて、居心地が悪かったです。
 
 
 

セルティック(むかし中村俊輔がいたチーム)の
ユニフォームみたいな柄のタイル。
 
 
  

天井部分が不思議な波打ち方をしている宴会場らしき広間。
障子が外されてすがすがしい空間になっていました。
お決まりの落書きやBB弾の跡など皆無です。
落ち着きすぎて、かえって不気味な空間でした。
 
 
 

当時のパンフレットを発見。
「陣屋鍋」というのが名物なのか、「味が違います」と自信満々だ。
 
 
 

外から内部は驚くほど良く見えるが、
さして内部からの眺望が望めないのが痛手となったか、
ひっそりと潰れている「政府登録旅館 屋●館」の姿でした。
周囲がにぎわっている分、
逆に寂しさが浮き彫りになってしまう悲しい廃墟でした。
  
  
  
●屋●館
香川県高松市屋島地区/2009年9月/イシカワ


コメント(7)

屋島行きました!!
確かにあそこは駐車場あたりと水族館あたりは人が多かったけど
奥の方は廃墟ってましたね〜
眺めもそこそこいいし、昔はすごい賑わってたんだなぁと感慨深かったです。
なんでも屋島はかつてリゾート地みたいな観光地で、四国と本州をつなぐ橋ができたことで四国の人が本州に行きやすくなり、屋島へ行く人が減ったとか…また行きたいなぁ〜

恥ずかしながらこんな場所があるとは知りませんでした。
ここはじっくり調べたら他にも廃物件がわんさと出てきそうですね。
青い椅子に青いカーテンの部屋を撮るためだけでも価値がありそうな物件です。
四国に行く機会があるときはぜひ寄ってみたいです。

この屋島館は写真を撮るには
被写体としてすごく良さそうですね。
客室のコントラストがたまりません。

すごい写真がきれいですね。
やはりいい写真はきちんと評価されて
大きく取り上げられるべきだなあ
としみじみ思いました。

屋島って、あんまし見所がない観光地なのに、
以外と観光客で賑わっていたりするから、
侮れないですよね。
  
個人的に、駐車場のすぐ近くにあった
レトロな建物のお土産屋さん(閉業中)の、
内部が見てみたいです。

●あさみんさん

廃墟やボロい建物多いですよねー、屋島。
私が行ったときは、大河ドラマのロケ地か何かで
賑わってたような感じだった気がします。
昔は四国の人の観光地だったんですね。
いまじゃ、なかなか行く必要性にかられない立地ですもんね、
寂れていくのも納得できてしまいました。

●くまおさん

屋島の廃墟特集、土日にあと3回更新する予定ですので、
また見てやってください。
どでかいホテルばっかりでしたが、なかなか面白かったです。
しかも、狭いとこにかたまっているので、
移動がラクで一日でたくさん廃墟を周れる点が高ポイントでした。

●伝説の写真家マツピンさん

またまた、そうやって嫌味ばっかり言う(笑)
いい写真家の写真は、
何枚も使う、というのがうちのルールです。

●サカイさん

レストセンターみたいなとこですよね?
あそこはなんだか頑丈に閉まってて
入りづらそうでした。解禁されたらまた行ってみたいです。
どっかの廃墟で、そこのロゴをみつけましたが、
とても可愛かったです。


(春吉)

屋●館

あれから40 年。
青春の思い出の場所が朽ち果ててしまって
自分自身と重なり残酷。

Lassen Sie mich damit beginnen wunderbare ver?ffentlichen. Ich bin nicht sicher, wenn er darüber gesprochen worden, aber bei der Verwendung von Chrome kann ich in keiner Weise nutzen Sie die gesamte Website mit out erfrischend oft laden. Konnte nur mein Computer sein. Danke.

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス