Web magazine

カエルラーメン「中華料理 かえる(旧来福軒)」

2011年06月 | CATEGORY : B級グルメ | COMMENT(2)

とある日の夜の8時・・・

「舟橋、かえるラーメンってのがあるらしいから食ってこい」

突然、上司から槍のような言葉が飛んできた。


愛知県のミステリースポットを取材するならまだしも、
B級グルメの取材は、
そのまま地獄に落ちろと言われている気分でした。
あいにくだが、私は、かえるが好物だと、
一度でも言った覚えはないし、
れた私がお腹が空いているようにでも見えたのか・・・

色々な不安が頭を過ぎったが、
しかし、当然逆らう事はなく、
僕は、心霊スポットにでも向かうような気持ちで、
二つ返事で水岩隊員を強引に引き連れて、
名古屋市にある中華料理の店、「来福軒」に向かった・・・

「FROG」と書かれたB級感漂う、入り口を抜け店内へ・・・・
 
 
 

かえるは、足の部分だけをから揚げにして使うらしい。
ここまでくれば、どこを使おうが、正直どうでもよい。
 
 
 

「ほれ!!これが、かえるだよ」
と地獄のB級グルメの食材を自慢気に見せてくれた。
 
 
 

「かえるラーメン1つ↓」・・・
少々元気が無い感じでオーダーしてみると
「あいよ!!!」と元気のいい店主(河合 一雄氏)
の声が店内に響きわたった。
 
 
 

メニューには「かえる料理」専用の項目があった。
大盛りが出来るかは謎だが、
出来ても、大盛りにする勇気はない・・・
 
 
 

具材は、とうふ・にんにくの芽・白菜・パプリカ
それにメインのかえるのから揚げという名の原爆を投下して、
ビンセン豆板醤で味の被害を拡散させる。
 
  
 

原爆被害は、口の中を通り胃袋にまで、広がる。
肝心なかえるの味は、苦い・・・
そして、噛んだ時に出てくる黒くなった糸のような
血管と噛むと人格が変わりそうな「水かき」・・・
死神の迎えがそこまで来ているようにも感じた・・・
 
 
 

「これも入れっか??」
と弱った私に笑えない冗談を大砲で撃ってくる
かわいいくない河合氏
 
 
 

無事に完食し、丁寧にお礼を言うと、
「また来いよ!!」と我々に一言・・・
後ろのメッセージは、河合氏が書いた物らしいが、
本当に色々見つめ直して頂きたい・・・
  
   
     
●中華料理 かえる (旧店名:来福軒)
名古屋市昭和区/2006年9月(初掲載)/舟橋蔵人

※本文は旧店舗での出来事です。あしからず
その後移転し、店舗名もよりダイレクトになって
営業しているようです。
 
 
 

コメント(2)

軽い罰ゲームのような食事ですが自分は奇食好きです。
この店主の憎めない顔もお店の売りの一つですね。
いつか行くことがあればカエルチャーハンにチャレンジしてみたいです。

●くまお氏
    
カエルチャーハン、以外とリーズナブルですね。
私は、奇食全般ダメです。
煙草の吸いすぎで、舌の味覚はかなり劣化していますが、
それでも、奇食(特にゲテモノ)は、視覚的にも味覚的にもアウトです。
  
カエルがオッケーなら、おたまじゃくしも大丈夫だろう
などと、ヘンに進化していかないことを祈るばかりです

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス