Web magazine

瀬戸市、ダブルデッカー車(手作り)を所有する男

2011年03月 | CATEGORY : ニッポンの特別な人 | COMMENT(3)

ワル(B-BOY)と車は、切っても切り離せない関係にある。

ヤクザの親分が、軽自動車を軽やかに
運転しているイメージはないし、
アメリカ西海岸のラッパーやギャングスタ達は、
露出の高いモデル級の美女を乗せて、
デカいローライダー車をゆっくり運転する時が、
「愛するファミリーと過ごす次にハッピーなことさ」
とおっしゃいます(憶測です)。

ホンモノのワルになると、車にこだわりを持つ。
いや、ホンモノのワルになると、車から選ばれるように、
いつの間にかワルに相応しい車を所有している、のだ。

愛知県瀬戸市に、オルタナティブな雰囲気のワルがいた。
彼もまた、彼に相応しいワルな車を所有していた。

右手は黒の手袋、左手には白の手袋をした、ワル氏(仮名)。
愛車に片手を乗せて、私を睨みつけてくる。


 

ボンネットには、ビックリマンチョコのシールのような、
キラキラ光る素材のシールで、タトゥーのように模様が入っていた。
「オレが作ったんだぜ」と得意気なワルさん。
 
 
 

フロントランプには、ハートと星のシールが貼ってある。
「オレが貼ったのさ」と自慢げなワルさん。
 
 
 

ワルの車を横から撮らしてもらうことに成功した。
なぜか乳母車が縛りつけてある。
ロンドン仕立てのダブルデッカー仕様かもしれない。
「...孫のためさ」とジョークを口にするワルさん。
  
 
 
 

またしても、ファンシーなシールが貼ってある。
車内は、スカム状態だ。
 
 
 

サイドミラーは、黒のガムテープで補修してある。
ローファイな補修の仕方だ。
「横からは、後ろが見えないぜ」と当たり前のことを口にするワルさん。
 
 
 

ワルは去っていった。
 
 
 
●ダブルデッカー車(手作り)を所有する男
愛知県瀬戸市/2008年2月/サカイ
 
 
 

コメント(3)

イカス!!
なんてイカス車なんだと思いましたが、同時に「これって公道はしれるのか?」という疑問がわきあがりました。

そしてまさかのナンバープレート公開に、持ち主の強気の姿勢がうかがえます。
ある意味ヤクザベンツより道を譲りたい一台です。

くまお先生
 
 
これぞ元祖痛車と言ってもよいかもしれません。
確かに、車検を通るのか疑問です。
 
こんな車で、颯爽と現われれば、
どんな女の子も、一発で落ちちゃいそうですね。

Ich m?chte einige Dankes an die Schriftsteller nur für die Rettung mich aus diesem besonderen Vorfall zeigen. Nach etwa Surfen im Internet und den Erhalt Begriffe, die nicht von Vorteil waren, glaubte ich mein ganzes Leben war zu Ende. Am Leben zu sein, ohne die Anwesenheit von Strategien, um die Schwierigkeiten, die Sie sich über den gesamten Berichts sortiert haben, ist ein schwerer Fall, und die Art, die sich negativ ausgewirkt haben k?nnte meine ganze Karriere, wenn ich nicht über Ihre Blog-Post zu kommen. Ihr Haupt Meisterschaft und Freundlichkeit im Umgang mit allen Bereichen war entscheidend. Ich wei? nicht, was ich getan habe, wenn ich nicht auf so etwas wie dieses zu kommen. Ich bin in der Lage, in dieser Zeit zu genie?en meine Zukunft. Vielen Dank für Ihre eigene hochwertige und sinnvolle Hilfe. Ich werde nicht zweimal überlegen, um Ihre Blog-Post für jede Person, braucht und will die Unterstützung in dieser Angelegenheit vor.

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス