Web magazine

レトロなんかじゃない!激シブ「二河峡ゴルフセンター」

2011年02月 | CATEGORY : 終末物件 | COMMENT(4)

今日は、激シブ終末物件をご紹介します。
ホットな終末観光地広島のなかでも、
とりわけ苦み走った呉市にある、
二河峡ゴルフセンターです。


去年の夏に、マツピン、イル・カポネ両氏とともに
広島に行ったときに、朝イチで行きました。
 
 
 

ここのレストランのランチがおいしいという噂です。
ハンバーグ、エビフライ、メンチカツという
王様みたいな組み合わせのランチが評判のようです。
和食も洋食も中華も出せる、オールラウンドプレイヤーで、
滝も見れるかのような看板ですが、実際はどうかわかりません。
  
  
  

ポップコーンの自販機がありました。
アメリカンです。
たぶん卓球しながら食べる用です。
 
 
 

よく廃墟で見かけるフォントをあしらった案内パネルが
ぼーっと輝いていました。
昔のイヤリングみたいなぶらぶらしたランプも
ゴージャスでいいです。 
 
 
 

長時間、ゴルフが楽しめます。
好きな人はずっといてもいいと思います。
 
 
 

打ちっぱなしの芝生。
駅のホームで傘でスイング練習してるような
おじさんがいっぱいいました。
 
 
 

ミステリーサークルを鑑賞することもできます。
ゴルフをしないので
ゴルフセンターに行っても
とりたててすることもなく、5分もしないで出て来ましたが、
いい気候の時にぼさーっとしに行くのには
うってつけです。
 
 
 
●二河峡ゴルフセンター
広島県呉市/2010年9月/イシカワ
 
 

もうちょい、ありつづけてほしいよね。

コメント(4)

ん?この時は何を撮ればいいか
どこを探ろうかと固まってしまいました。
でもこうしてアップした事はいい事だと思います。
これはランチ情報として重宝します。

ゴルフ以外の利用は少なさそうですが細々と長く続きそうな施設ですね。
看板のビリヤートという記載の横が張り紙で隠されていますが、どんなことが書いてあったのか考えるだけで楽しいです。
こういう昭和40年代?50年代に造られた物件は現在どんどん壊されているので貴重な物件ですよね。

すみません。
やっぱりよく見るとシブかったです。
この深い味わいは後からきますね。

●マツピンさん

かなり渋い終末物件をチョイスしてしまい、
到着した瞬間に後悔しましたが、
いい思い出です(笑)

私も連れてってくれとオーダーしたくせに、
何を撮っていいのかまったくわかりませんでした。
まだ終末物件とはなんぞや?
どうやって楽しんだらいいのかわからん!
と、やってる本人もよくわかっていない頃でした。

この後行った、呉の工場の方がかっこよくて
工場いいじゃん、工場やろっかなぁと
横恋慕しそうになったのを覚えています。
でもこのシブサも、じわじわくると思います。
今度はぜひ、ゆっくりゴルフをしてみて下さい!

●くまおさん

神、かと思いました。
激シブじゃなくて、激ショボじゃないの、
と世界のSAKAI氏から笑われたばかりだったので、
涙が出そうです。

将来、寺かなにかに、くまおさんが祀られることになったら、
お供えものをしに行こうと思いました。
ありがとうございました!
ぜひ二河峡のランチがどんなのか、チェックしてきて下さい。

(春吉)

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス