Web magazine

美味しい食べ物がいっぱい詰まった夢の観覧車です

2011年01月 | CATEGORY : ローテク看板 | COMMENT(2)

これはなかなか景気の良いローテク看板です。
 
ローテク看板といえば、ローな動きからして、
どこか牧歌的で、チープなイメージがつきまといます。
しかし、発想次第では、豪華でロマンチックにもなりうるのです。


ここは埼玉県にあるレストランのショーウィンドウ。
美味しそうなメニューがディスプレイされているのですが、
ローテク看板を見事に活用されていました。
 
 
 

 
美味しそうな料理が、観覧車のように、まわっています。
手前のパフェのお皿は、遊園地のコーヒーカップのように回転します。
そうなのです、ここは美味しい食べ物の遊園地。
女の子が大好きな、ロマンチックな遊園地と、美味しいディナーが、
ローテク看板の技術によって、見事に一体化しているのです。
 
 
 

このレストランの店先でローテク看板を見つけたとき、
ローテク看板の未来が見えた気がしました。
 
時には、ローテク看板もグッジョブするのですね。
私自身、びっくりしてしまいました。
 
 
 
●カインドハウス大宮西口店のローテク看板
埼玉県さいたま市大宮区/2010年9月/サカイ
 
 
 

すごいけど、やっぱ回す意味もわかんないね。

コメント(2)

これはメルヘンチックですね。
乙女心を代弁してみました。

マツピン(タケピン)さま

女子度の高いローテクですよね。
かと言って、勝負デートで、
このローテク看板を披露したところで、
デートが成功するかどうかは、
別問題のようです。

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス