Web magazine

スクープ!京橋会館内部

2011年01月 | CATEGORY : 終末物件 | COMMENT(8)

こんにちは。マツピン(タケピン)です。
今回はご存知の方も多い広島の名建築
京橋会館をレポしようと思います。
ここは広島駅の近くで場所的にアクセスしやすく
何度となく足を運んでいるので気合を入れてお送りします。

ほとんど受け売りの説明をすると
京橋会館とは昭和29年に同潤会アパートを参考にして
建てられたロの字型のRC集合住宅です。
1,2階はメゾネットの店舗兼住宅と
3階4階は風呂無しの住宅部分となっています。
 
 
 

ロの字型は珍しくまた戦災に遭った復興期の建物でもあり
希少価値があるのですが、数年前から広島市による
隣地の公園と併せた再開発事業が進められてきました。

最近まで施工業者が決まらず時期も延びていましたが
市に問い合わせたところ今年より解体にとりかかるという事でした。
既に施工業者も決まっており、おおまかな予定も出ているので
近いうちに解体されてしまう可能性が高そうです。
 
 
 

建物の価値も注目すべきですが
戦後がここだけそのまま残っているような濃い昭和臭に
むしろ廃墟にもない魅力を感じます。
これぞ終末物件といってもよいのではないでしょうか。
 
 
 

京橋会館の外観写真は検索すれば沢山出てくるのですが
現役の為、内部の写真は見た事がありません。
今回その知られざる内部をスクープしてきました。
普通の共同住宅の間取りですが苦労して撮ったのでご覧ください。
 
 
 

先日私が訪れた時は、ボーリングによる
地盤調査が行われていました。
 
 
 

一つ開いてるドアがあります。
空家を現場事務所にしているのでしょうか。
 
 
 

「誰かいませんか?」
 
 
 

休憩所です。
 
 
 

台所です。
 
 
 

風呂です。
 
 
 

1階は誰もいませんでした。
2階はいるでしょうか。
 
 
 

階段です。
 
 
 

2階の縁側です。
 
 
 

2階は続き間になってます。
 
 
 

速やかに去ります。
 
 
 

以上talkin'trash手法を交えてレポしました。

やややりすぎな紹介だったかもしれませんが
個人的にもリスペクトしている建物です。
興味のある方は解体前に訪れてみてください。
 
 
 
●京橋会館内部
広島市南区京橋町/2010年12月/マツ・カポネ
 
 
 

近代遺産の雑誌が出てたよ。

コメント(8)

マツピンさま

まさに、これぞ終末物件!!!
大スクープありがとうございます!!
 
僕も、広島探訪したときに、京橋会館に立ち寄ったのですが、当たり前ですが、内部を見ることはできませんでした。これは本当に貴重な資料です。
 
2階の縁側の雰囲気、素敵ですね。
床が木ってのが、モダンな感じがします。
 

そしていよいよ解体作業に着手してしまうんですね。
・・・残念です。

5枚目の廊下の写真のなかで、
両サイドにきれいに並べられた植物の奥で垂れ下がっている、青い網のような何かが気になりました。
どういう使い方をするんでしょうね?

私も内部の雰囲気は初めて見ました。
こんなに素敵で歴史のある建物が解体されるのは寂しいですね。

たまりませんね、このビル。
25年くらい前、おばあちゃんと一緒に広島市内をあるいた頃はこういったビルが沢山ありました。
古い建物はなくなるさだめなのですが本当に本当に悲しいです。
私は最近の建造物に全く興味がないですが、そんな自分が好きです。

館長さま

どうもありがとうございます。
コメントを読んで本人もスクープした気分になりました。
やはり細部を見ると今の時代にはない造りですね。
ゆっくり見れなかったけど貴重な経験したのかもしれませんね。

知扇ちゃん

あの青い網は反対側にもあって
侵入者が入るとつかまる仕組みになってます。
冗談です。
あるうちに見れたのはホントに良かったと思います。

くまおさん

実際に見るとたまらないという感覚はありました。
好きかそうでもないかは分かれると思うけど
後になると見といて良かったと思うと思う。

あの狭い風呂。
昔住んでいたアパートを思い出します(まだありますが)

古い窓の質感がいいですね。

二階の縁側、階段の使い込まれた気の質感が良いです。
こういうアパートが身近にあれば住んでみたいくらいなのですが、
いざ物件を見せてもらうと「う?ん住むのはちょっと・・・」となりそう(笑

あ!マツ・カポネさんことタケピンさん発見!
こんばんはタケピンさん^^
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいします。

こちらさまで記事を書かれているのは初めて知りましたよよ
今後のマツカポネさんの記事にも期待してます♪
またまた遊びにきますーっ^^v

マツピンさん、衝撃の内部映像ありがとうございました!!

外見の朽ち加減もかなりのものですが、
内部の終末っぷりと言ったらないですねー!

昭和29年ってことは、戦争から10年もしないうちに、
こんなモダンで実験的な建物が作られたんですよね。
広島の底力を見た気がします。

(春吉)

異曲さん

実際に入居希望の若い人が結構いるようですよ。
たしかに中を見るとやめると思います。苦笑
空家期間が長いからかなり傷んでるし
水まわりもやり替えないとダメだろうな。
と考えると住むには限界がきてますね。

華咲枯美さん

明けましておめでとうございます。&ことよろです。
マツカポネというマニアックなハンネに気付いていただき
期待してくれてありがとうございます!
きっとどこかに届いてると思うので頑張ります。
枯美さんも京橋会館見てもらいたかったです。
ノスタルジックな面もある所ですよ。

春吉さん

内部も外部に負けず劣らず終末的な
そんな気がしてきました。
あとは早撮りだったので残留物が語る物語に
耳を傾ける余裕があれば良かったです。
(これ言いたかった)
昔の事って想像しにくいけど
こういう建物があると当時の事が伝わりやすいですね。

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス