Web magazine

にわか仮面の仲間?子ども達の人気者、福岡で大変身!

2010年10月 | CATEGORY : B級スポット | COMMENT(13)

突然だが、皆さんは「福岡土産」と聞いて何を思い浮かべるだろうか。
明太子、とんこつラーメン、博多通りもん...
魅力的なお土産に溢れている中で、
今日はまず私のお気に入り
「二◯加煎餅(にわかせんぺい)」を紹介しよう。

   

博多銘菓、二◯加煎餅。
砂糖と卵の味がやさしい、昔懐かしいお菓子である。
印象的なのは、郷土芸能「博多にわか」のお面の形をしたルックス!
箱にもお面がプリントされ、オマケに紙のお面まで付いてくる。

  

私は彼のことを「にわか仮面君」と呼んでいる。
垂れ目でヘンタイっぽいのに憎めない表情が愛おしくて、
煎餅を食べ終わってもパッケージを捨てられず、
机の隅に飾ることにした。

こうして、以前からパソコンの脇で私を見守る「にわか仮面君」だが、

  ~

先日福岡の上川端商店街をブラブラしていたら...

  

なんと、彼の仲間がいた。

   

松田ネーム刺繍店。
昭和風の看板に時代を感じるが、店頭の彼らはフランクかつポップ。
平成を生きる我々にも親しみやすい。
「博多美人」などの素敵なロゴや
「にわか仮面君」のイラストが刺繍された
キャップ、Tシャツ、小物入れ、ワッペン、シール、そしてお面。

素晴らしいラインナップに目移りするなか、
私の視線を釘付けにしたヤツラがいた!

  

子どもの頃の憧れのヒーローで、今でも大好きな彼ら。
にわか仮面がこんなにマッチするなんて...!
なんて愛おしいのでしょう。

  

さんざん迷った末に、甘いアンコが注入されている彼を選んだ。
着ける者を選ぶあの仮面が、全く違和感なく馴染んでいるから。

  

会計の時、店員の男性に
「このお店、すんごく面白いですね!」
と話しかけてみたら、
「常日頃から、何かくだらないことは出来ないかと考えているんですよ。」
という答えが。尊敬すべき心がけである。

さらにココでは、持参した物に希望の刺繍をしてもらうこともできるそうだ。
皆さんもファンキーにイメチェンしたい布製品をお持ちなら、
松田ネーム刺繍店に持ち込むことをオススメする。
 
  
●松田ネーム刺繍店
福岡県福岡市博多区上川端町/2010年10月/知扇
 
 

 
博多で面白い出版活動している石風社さん。
今年亡くなってしまった浅川マキさんの本も
出版されてました。

コメント(13)

これは脳天ぶち抜かれましたね。とても良いと思います。
著作権とかの問題とかも絶対に完全にクリアしています。
ただ、どういう基準で値段の違いが生まれるのかが興味あります。

個人的に注文するならピーポ君です。

本当にすごいです。完全に目を疑いました。
知扇ちゃんの変なものを探し当てるレーダーは、
まじでやばいです。
今後とも何卒宜しくお願いいたします。

くまおさんのあとにコメントを書くと、
レベルが高いのでドキドキします。

おそらく、キューピーとペコちゃんの値段の相違は
キューピーの左肩、Tシャツズレ加工、の細かい仕事料です。

私はチェストくんにしようと思います。
http://www.pref.kagoshima.jp/police/chest.html

(春吉)

こういうおっとりした目が人気キャラ達と絶妙にマッチしていて
とても癒されますよね。
僕は根拠は特にありませんがドラえもんがほしいです。

みなさま
にわか仮面君へのこれ以上ない称賛、ありがとうございます。
「刺繍」といえば家庭科でチクチクやった思い出しかなかった私ですが、
このお店は刺繍の新たな可能性を創りだしたという意味でも素晴らしいと思いました。

値段の違いについてですが、
目玉の彼と天使の彼については2つのサイズがあり、
大きさに応じて値段がついていました。
ただ、天使の彼の値段が小さい方でも他より割高だった理由は、
春吉さんがおっしゃるとおり、細かい仕事が多いためだと思われます。
(さっき気付いたけど、よく見たらアゴも割れてるしね…。)

ちなみに個人的に仮面をつけさせたいキャラクターは、
私ならスターウォーズのヨーダです。

私はかれこれ2回ほど福岡に旅行したことがあるのですが、得意げに明太子をお土産として購入していました。

今こうして、仮面舞踏会とかで大人が被るようなヘンタイ仮面(?)を見ていると、明太子を買って喜んでいた昔の自分自身を射殺したいとすら思ってしまいました。

この記事は、福岡のお土産の歴史を変えかねない、記念碑的記事となるでしょう。

いや、福岡に限定してはいけない。
ニッポンのお土産界の頂点をも狙えるだろう。

キティに負けるな、ヘンタイ仮面!!
ゆるキャラを蹴散らせ、ヘンタイ仮面!!

※ヘンタイ仮面じゃなくてにわか仮面でした。
知扇ちゃん、適当なこと書いてごめんネ。

このアンコ野郎の笑顔、相当腹立ちますねw。

微妙にワールドイズマインの由利総理に似てる・・・。
(わかんないわなぁ・・・)

これだけの為に福岡行きたくなりますねw。

自分なら999の車掌さんかなぁ。

僕なら、中日ドラゴンズの落合監督とフクシくんと信子夫人のファミリーセットにわか仮面をオーダーしたいなあ。

もしくはキティちゃんにも一発かましてほしいなあ

あれ、有名なネズミがいない!
あんなにパッチモンが多いキャツなのにね。

ワケは目玉親父を愛してますがにわか仮面で
ただの露出ヤローになっておるのなあ。
愛しいキャラ達が癒しを通し越して
少しイラっとくる面構えに見えたり笑

私なら、ウォーズマンかロビンマスクで。
クールイケメンを陵辱。

ワケちゃん渋い線突いてくるなあ!!
ロビンマスクとは。

にわか仮面付けられたら、
屈辱だろうなあ、ロビンマスク(笑)

アシュラマンの怒り面にも、にわか仮面付けたいなあ。

酒井さん

アシュラマンいいですね!!

顔変わっても結局全部にわか仮面笑

つぶやきから来ました。

これはすごいですね。
今年の夏、博多に行ったのですが…惜しいことをしました。
今度行くことがあったら、ぜひ購入したいと思います。

「にわか仮面君」のことを、本当は心の中では「ヘンタイ仮面君」と呼んでいるのは秘密です。
今回のコメント欄では、なぜか私だけのこの呼び方がサカイさんにテレパスしてしまったようですね。
神秘です。

アンコ野郎の彼も目玉の彼も、一見イラっとする顔をしていますが、
慣れてきてもやっぱりイラっと腹が立つ笑顔に感じるので、
私達にずっと新鮮な印象を提供し続けてくれます。
刺繍店は地下鉄の中洲川端駅から徒歩すぐの商店街にあるので、
ぜひ今度の機会には訪問してみてください。

昨晩、福岡出身の友人とお喋りしてきたのですが、
二◯加煎餅は知ってても刺繍店の存在は知らなかったようです。
「二◯加煎餅のCM(http://www.youtube.com/watch?v=eanMlL5LgCI&feature=related)がお気に入りなんだ」
と伝えたら、
「博多ぶらぶらのCM(http://www.youtube.com/watch?v=i3wJf1iF81M)もなかなかキテルよ。」
と教えてもらいました。
博多、恐るべし…!

bekam ich, was Sie meinen, sch?tzen es für die Umsetzung up.Woh Ich freue mich, diese Website über Google zu finden.

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス