Web magazine

夢のパノラマ見世物館「紫峰美術館」

2010年10月 | CATEGORY : B級スポット | COMMENT(2)

  

夢のパノラマ見世物が繰り広げられている「紫峰美術館」。
ここは本当に凄い...。
日本を代表するテーマパークが、
東のディズニーランド、西のUSJとするなら、
中部東海地区を代表するテーマパークは
紫峰美術館であることに、異論の余地はないだろう。
世界遺産への登録がなされていないのが不思議だ、
というのは言いすぎだろうか。

愛知県高浜市にある、吉浜人形。

   

その吉浜人形のテーマパークが
全国唯一の人形のテーマパーク「 紫峰人形美術館 」だ。

   

ざっと施設の見所を説明すると、まずは「日本のまつり」。

    

全国各地のお祭りが大集合し、五百体の人形が総おどりする。

    

稲沢市の国府宮裸祭も有り、実際に電動で動く姿は圧巻!
(※注 すみません裸祭の写真見つかりませんでした。
これはなんか、ちがうやつ。)

    

そして日本の歴史を日本誕生から、

    

原爆風景に至るまで、巨視的に再現した人形絵物語。

   

名人指物師の手による江戸の町屋、
芝居小屋の1/5の模型細工が見ものという
「江戸慕情」。

   

歌舞伎の名場面の数々が
顔の表情に至るまで作りこまれた
「市村座復元の江戸大歌舞伎」。

  

徳川家の生涯や伊勢参宮膝栗毛、
日本昔話劇場の人形絵巻。
精巧人形絵巻は、まさに一大スペクタクルだ。
お馴染みの桃太郎や、

   

浦島太郎などが立体紙芝居のようにひゅんひゅん移動しながら場面転換します。

   

さらに大小様々な貴重な人形コレクション。

  

そして最大の見世物が「都おどり」。
まさに豪華絢爛、吹き抜けの天井近くの壁面で、
くりひろげられる祇園祭と都おどり。
ここはまるで、江戸川乱歩の小説にでてくる
豪華絢爛で艶やかな、夢のパノラマ世界のようで、
不思議な陶酔を与えてくれる一大奇観だ。

  

 

私のように芸術音痴のためのサービスなのだろうか、
それとも製作者も生粋のエロなんだろうか、
紫峰美術館の、ワンダフルなことの1つに、
通俗的なエロがちりばめられている点にある。

  

しかし紫峰美術館は、本当に素晴らしい。
愛知県に来られたら、必ずやお出かけしていただきたい。
八画文化会館が自信を持ってオススメするよ。

 

  

紫峰人形美術館
愛知県高浜市屋敷町1-5-14
0566-52-2120
2005年10月(初掲載)/サカイ(注/イシカワ)
 
 

千代紙みたいな世界でした。

コメント(2)

八画文化会館にコメントするのが大好きなくまおです。
製作者は生粋のエロだと断定しても良いと思います。
最後から2枚目の画像は秀逸ですね。
着物がはだけた女性の人形と全くスケールの違う豆電球が、目の錯覚を誘い不思議な感覚世界にいざないます。

これ作った人、楽しかったでしょうね。

くまおさま

本編の記事より、くまおさんのコメントの方が
面白いじゃん、と思い始めている酒井です。

エロ人形を配置するだけでなく、
女性の着がえシーンを「覗き見る」
構図にさせているのが、
ワンランク上のエロ上級者って感じがして、
素敵ですよね。

変態と天才は紙一重だと思いました!

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス