Web magazine

リニューアルオープン決定!!
「蒲郡ファンタジー館」は「竹島ファンタジー館」として再オープンします!
緊急追悼特集!!「蒲郡ファンタジー館」第2回海底レストラン

2010年10月 | CATEGORY : B級スポット | COMMENT(4)

緊急追悼特集「蒲郡ファンタジー館」
2回目の本日は
蒲郡ファンタジー館内にあった
「海底レストラン」の
2008年11月当時の店内風景をお届けします。

超ド級の終末物件が、
こうして本当に閉じてしまうと
悲しみを禁じ得ません。
泣き暮れて下さい。では、どうぞ。
 (石川)

蒲郡ファンタジー館の2階にある海底レストラン。

    

海底なのに2階にある、
という逆転の発想がお見事です。

  

壁は、100万個の貝で出来た「世界一の貝の壁画」。

   

食後の煙草(まったく頭が働かない時間)に、
うってつけです。
僕は個人的に、ここが気に入りました。

   

豪華絢爛なのに、
そこはかとない場末感が漂っています。

   

終末感といってもいいかもしれません。
喪失感なんて言葉もカッコイイです。

   

幾つもの貝がら照明と、青い電飾が、
イルミネーションのように輝いているのに、
館内はほの暗い。
その暗さが、海底ぽいというか、
いいムードを演出してくれます。
デートで活用すれば、
いろんな意味で相手を落とせそうです。

  

団体客目当てに設計されたレストランなだけに、
館内はとても広く、
とても広いだけに、お客さんの数が少ないと、

  

まるでファンタジーの世界で迷子になったような、
得体の知れない寂しさが倍増してきます。

なんていうのでしょうか、
この寂しさこそが、
贅沢で、優雅で、
心の滋養剤になる気がします。

   

金と時間と手間ひまを注ぎ込んで
出来上がったオリジナル空間が、
ポツリと取り残され、置き去りにされている。
そんな場所で、静かな時間を過ごせるのは、
よだれが出るほど幸福です。

   

●蒲郡ファンタジー館 海底レストラン
愛知県蒲郡市/2008年11月(初掲載)/サカイ

 
  

この海底もすごい。

コメント(4)

海底レストランありし日の美しい写真の数々に、目から汗が出てきて前がよく見えません!!

去年の9月に初めてファンタジー館を訪問した際に2階にも上がってみたのですが、
営業時間の関係か(3時ごろ行きました)レストランは営業しておらず、
上の写真ではキラキラカオスに輝いているあの場所が真っ暗でシーンとしており、寂しかったです。

1階の展示にも負けない豪華さ。
ここで食事してみたかったです。再オープンしてくれないかなぁ…。

何時間でも居たいような空間だと思います。

ただ、「世界一の貝の壁画」とありますが世界二位があるのでしょうか?

今回ここが閉館されるだけに今まで二位だったスポットが一位に浮上する可能性があります。

●知扇ちゃん

残念ながら私も行ったことないんです、本館しか!
超残念です。薄暗くて神秘的ですらありますよね。
だだっぴろいところがとても素敵です。
再オープン、切に祈ります!!

●くまおさん

暫定二位は貝がら公園(これも愛知)でしょうか。
ただ、壁画、というのはやはりファンタジー館のオリジナリティが
溢れているところで、他のスポットの追随を許さないかもしれません。

(春吉)

どこからが鏡なのかよくわからない
無限に広がる客席がステキです。
人の気配がないところも深海の底のようで
いいですね。

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス