Web magazine

ブタが夜道を散歩していた!! at松本市の繁華街

2010年08月 | CATEGORY : 小ネタ合戦 | COMMENT(4)

2009年6月のことです。
松本市の夜の街を、遠藤文庫くんとほっつき歩いていました。
すると、黒光りする巨体がのそのそと歩いているではありませんか...。

キュートなお尻を丸出しにさせたまま、歩いています。
しかし、ここは松本市の歓楽街。
ブタが散歩するのにふさわしい町ではありません。

   

ぶーちゃんに近づいてみます。

  

私の存在に、まったく無関心のぶーちゃん。

  

と思いきや、鼻を鳴らしながら、近づいてくるぶーちゃん。
無精ひげが伸びています。

  

車道の真ん中を歩くぶーちゃん。
闇と同化して、見づらいです。
そんなぶーちゃんを避けて、車が歩道を走っています。

  

「よっ元気か」とぶーちゃんのお尻を
タクシードライバーがポンと叩きます。
この街では、知れた存在なのかもしれません。

  

するとぶーちゃん、
ホルモン焼のお店に入っていくではありませんか・・・

   

カウンターではなく、座敷にあがるぶーちゃん。
もしや料理を注文するんじゃないだろうな・・・

  

なんと。ホルモン焼屋さんの座敷の横に、ぶーちゃんの小屋がありました。
「おい、オレの家まで追いかけてくるなブー」
とでも言いたげです。

  

お座敷の横で、眠りにつくぶーちゃんでした。
おやすみなさい。

 

  

●松本市の夜の繁華街を闊歩する黒いブタ
長野県松本市/2009年6月/サカイ

 
 

ホルモン屋で飼われているブタは
歩くともぐい看板(いわばともぐい広告塔)なのでしょうか?

コメント(4)

こんばんわ。

どんな気持ちでホルモンを食べればいいのでしょうか。

たぶん鮮度はバツグンでしょうね!

私は最近、ぶーちゃん並にデブ化が進んでいるので、
このお店にふらりと入店したならば、、
ホルモンにされてしまうかもしれません。

そして、召し上がった人間様たちを食中毒で大量死させるという、
大惨事を起こしかねません・・・

「私はブタではありません」と連呼しながら入店するように
心がけたいです。

ホルモンを食べようとしたらサカイ氏だって!?
トンでもねー話だなっ!な!

(このコメントを書こうかどうか思い悩み、一週間ほど経ちまして、結局書くにいたった次第であります)

先日、牛の親子の隣で牛乳を飲んでいたら、なんだかいやらしい気持ちになったでござる。

>遠藤文庫さん

>(このコメントを書こうかどうか思い悩み、一週間ほど経ちまして、結局書くにいたった次第であります)

正直な告白ありがとうございます(笑)

トンでもないギャクレベルの高さに、思わず目を見張ってしまいました。

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス