Web magazine

ホイールの家

2010年06月 | CATEGORY : B級スポット | COMMENT(3)

私の記憶が確かならば、
日本の自動車産業はとても優秀で、
戦後の経済を引っ張ってきた。
なにより、その技術力に加え、
優れたデザイン性を忘れる訳にはいかない。

[最先端を行くトヨタ Lexus:写真は著作権フリーを主張するWikipediaより(後ろに映り込んでる人の肖像権とか大丈夫なのかな?)]

特にコンパクトでクールなデザインは、
欧米各国でも高く評価され、
輸出産業の主力となり、
日本の経済を今も支え続けている。

 

[コンパクトが売りのトヨタ FT-86:写真は著作権フリーを主張するWikipediaより(おぉ、顔が処理済みだ!)]


まさに自動車こそ「技術」と「美術」の結晶であり、
総合芸術と呼ばれるにふさわしい「芸術品」なのである。
その芸術性たるや、
細部にいたるまで日本の美意識が行き渡っている。
パーツのひとつひとつが、完璧な芸術品といっても過言ではない。
そんな自動車パーツに魅了された男の家がこれだ。

 

?

男が魅了されたパーツは、
ボディでもハンドルでも無く、
ホイールだった!!

 

?

トヨタ、日産、三菱などなど各社ホイールがズラリ。

 

?

こうしてみると、いろいろなデザインがあるんだなぁ(みつを)

 

 

鉄砲で撃たれても大丈夫!カキーンッって跳ね返しそう。

 

金色の鳥は、ご主人一番のお気に入り(たぶん)。
HINOもイカしてるぜ!
よく見ると、外国製の車のホイルもあるから、
別に日本車にこだわっている訳でもないらしい。
というか、こだわり自体ないのかも。

 

庭先にはワンちゃんが。
ライターの位置が微妙かつ絶妙。
入漁券も買えるんだ。

 

さぁ君も、ホイールの家へ行こう!

  

●ホイールの家
長野県下伊那天龍村もしくはその周辺/2010春 山桜のきれいな日/遠藤文庫

コメント(3)

これはこれは名建築ですなあ!

貝殻で埋め尽くされたファンタジー館(愛知県蒲郡市)を
思い出してしまいました。

私の好きな芸術手法「集めた物はとりあえず並べとけ」が、
かなり高いレベルで実践されていて、ノックミーダウンです。

ホイールをコレクションするってこと自体がね、
すでに凡人レベルを軽々超えちゃってますよね。

奇観ですねー!!
家もセルフビルドっぽくて、アンテナがいっぱい立ってるみたいな感じも素晴らしいです。
入漁券売ってる看板の横に、うっすらと「園庭管理士」の文字が…なんですかねー何屋さんなんだろ?

Unversch?mt wohlwollend, ich Absicht auf jeden Fall wieder, weil ich auf meinem folgenden Auftrag festgelegten Zeitangaben gespeichert.

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス