Web magazine

暑中お見舞い申し上げます!!! 香川心霊界のドン「修養団日盛山道場」

2010年07月 | CATEGORY : 心霊・ミステリー廃墟 | COMMENT(2)

こんにちは、ジョー(K)です。
四国の有名な心霊スポット、修養団日盛山道場に涼みに行ってきました。

謎の多い施設だが、
非行少年の更生施設というのが有力なようだ。

ウェブ上にはさまざまな怪情報が飛び回っていて、
集団自殺があったとか、虐待があって逃げ遅れた子が殺されたとか、
とても華々しい廃墟である。

「修養団二大誓願」という石碑。

人よ醒めよ
醒めて愛に帰れ
愛なき人生は暗黒なり
共に祈りつつ
すべての人と親しめ
わが住む郷に
一人の争うものも
なきまでに

人よ起てよ
起ちて汗に帰れ
汗なき社会は堕落なり
共に祈りつつ
すべての人と働け
わが住む里に
一人の怠る者も
なきまでに

誇り高い理想も
怠る者のせいで
めちゃめちゃだ。

体育館のような道場(?)部分。
後ろを振り返ると、

威勢のいい落書きだ。

実に開放的な道場である。

まるでライブハウスに続いていくようなパンキッシュな階段。
エルモ(セサミストリート)の落書きが
可愛らしい。

違う部屋。
外の蛍光灯部分がすごいひしゃげ方をしている。

こちらも落書き以外何もない空間だった。

裏庭。黒のインクは途中でなくなったのだろうか。

恐ろしい噂の証拠は
何もつかめず、
あるのはただただ落書きばかりだ。

ここは香川の青少年の健全な育成のための
創作の場となり果てている。

香川の立体キャンバスこと
修養団日盛山道場では「自由」を何よりも
大切にしている。

奥野、将士、哲は
きっとスリーピースバンド「鴉~カラス~」
を組んだに違いない。
カラスのロゴも用意したのだろう。
青少年たちの健全なストレス発散である。

屋上に続く階段を発見したので、

登ってゆくと、

分け入っても、分け入っても落書き。
顔色の悪いアンパンマンと、

定番のドラえもんが、

絶景の中で途方に暮れているようだった。

滅びてもなお、香川の非行青年たちを魅了しつづけている。

●修養団日盛山道場
香川県さぬき市/2009年9月/丈平あんこ

コメント(2)

ジョー

素敵なレポートありがとう!!

さぬき市民はうどんだけじゃなく、
落書きも好きなんだね。

僕は、うどんの方が好きだよ。

サカイさん

すみません、コメントいただいてましたね。

讃岐地方の若者は、うどんと同じぐらい落書きと
廃墟が好きみたいでした。

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス