Web magazine

群馬県の珍スポ廃墟!!「恐竜洞窟」(後篇)

2010年07月 | CATEGORY : めずらしい廃墟 | COMMENT(0)

kyoryu2111

大きく口を開けた恐竜です。
目ん玉がくり抜かれているのが、不気味さを倍増させます。

kyoryu221
シンナーやりすぎ少年のように、口の中はボロボロです。
恐竜世界のチンピラだったのかもしれません。

 

kyoryu231

さらにもう一匹いました!

 

kyoryu241
昔の地球には、こんなヤツが住んでいたのだと思うと、
とても不思議な気がします。

 

kyoryu251

恐竜界の名脇役もおりました。

 

kyoryu261

地底世界は、恐竜以外にも様々なモノの掃き溜めとなっていた。

 

kyoryu271

光のさす地上へ戻ることにします。

 

kyoryu281

地底世界から離れて、再び見下ろしてみると...
視界の悪い景色のなかに、風景と同化した恐竜がいた。
もう恐竜はいないだろうと決め付けていたので、
この恐竜の存在に気づいたとき、ドキッとしちゃいました。

 

kyoryu291

さて、地底へと向かう正規ルートに戻ります。
しばらく下ってゆくと、太古の生き物を紹介するコーナーがありました。

 

kyoryu301

いましたよ...おかしなヤツが...。

 

kyoryu311

謎のクリーチャーをライトで照らすと...
露骨に見下してきました。

 

kyoryu321

誰だオイラの眠りを邪魔するヤツは、ハサミでちょん切ったろか!
と、俊敏な動きで威嚇してきます。
大嘘です。写真がブレただけです。

 

kyoryu331

さすが恐竜界のスーパーアイドル。横顔も男前。

 

kyoryu341

ちょっと童顔なトコが人気の秘訣かも。

 

kyoryu351

後姿は、やや迫力に欠けました。

 

kyoryu361

つくしの頭部だけが残ったような、へんな突端がおじぎしております。
触れた途端、ヘンな胞子がふわふわと空を舞うかもしれない...。

 

kyoryu371

地面には、化石がいっぱい。

 

kyoryu381

地底世界の最奥部は、水に浸かっていて、これ以上先へ進むことはできなかった。
左手側は、先に紹介した大型恐竜エリアに通じているようです。

kyoryu391

右手側は、ご覧のとおり、柵で仕切られた通路が伸びていました。
一体、この向こうはどうなっているのだろうか...。

kyoryu401

気になっても無理はしない、という廃墟探索のルールに従って、
地底世界から引き返しました。
それでは、地上世界へ戻ることにします...。

 

 

●恐竜洞窟
群馬県某市/2009年8月/丈平あんこ

 
 


 

栗原亨氏の連載「廃墟マニアックス」
で紹介されてました!

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス