About Us

八画文化会館とは、一体全体何なのか?

廃墟や珍スポットなど、土地からも時代からもズレてしまった場所や、
ローカルな町情報、サブカルとは言えないような絶滅寸前カルチャーなどを、
ブログや雑誌、単行本などのメディアを通して発表している編集集団です。

周辺地(ローカル)への興味と、名がなくともインディペンデントに表現している人やモノに対する共感が根底にあります。
ただ単純に需要がなくなって消えてゆくものではなく、町から駆逐されつつある刺激物、危険物を好んでいます。

愛知県漂流、インディヴィジョン、東海秘密倶楽部、ローカル銀座、そして八画文化会館と、
コロコロ名前を変えてきたため、わかりづらくてすみません!
下記項目で詳しく説明していきます。
2012年1月 WEBサイト「八画文化会館」大リニューアル! 『ニッポンの廃墟』ついに版元在庫品切れに!

2011年10月

『八画文化会館(vol.2)』の準備を開始。特集が宿のため、地味なのではないかと懸念。不景気のせいにしつつ、しばらく放置

2011年8月

愛知県漂流より8年、続編とも言うべき『八画文化会館(創刊号)特集:終末観光』やっと発売!

石川、みちくさ学会の発表会(@お台場カルチャーカルチャー)にて、ローテク看板を発表

2011年7月

校了直前のタイミングで元「That’sDAN」(風俗誌)編集長の山内哲也、加入

2010年7月

群馬で遠藤文庫、広島の旅の途中で、イル・カポネ、ほいじんが、知扇、マツピン、タミーらと合流。『八画文化会館 創刊号』制作開始。酒井から石川に編集長交替し、暗礁に乗り上げる

2010年5月

八画編集部、名古屋から東京に引っ越し。石川、ジュンク堂新宿店を退社し、加入。WEBサイト「八画文化会館」開始

2010年3月

酒井、セトノオトコホマレが主催するブックマークイヌヤマの 「廃墟、秘宝館、愛知県漂流。~幻の雑誌”愛知県漂流”を追って~」にゲスト出演。愛知県漂流メンバー、7年ぶりの感動的な再会

2010年1月

元ルーツマガジン編集部員の黒柳亮太、加入

2009年8月

石川、愛知県漂流の存在を知りジュンク堂新宿店で大々的に販売。6年前の雑誌にも関わらず、異例のトータル売上200冊を記録!

2009年6月

WEBサイト「東海秘密倶楽部」から、「ローカル銀座」に名前変更
全国の秘宝館のガイドブック『I LOVE 秘宝館』、DVD『石和秘宝館ロマンの館』、『韓国済州島秘宝館×3館』を発表。刊行記念トークイベント「WE LOVE 秘宝館」(都築響一×妙木忍)ジュンク堂新宿店にて開催

2009年4月

山梨県に人知れず残っていた閉館中の秘宝館「石和秘宝館」を、一夜だけ限定復活させる!

2008年9月

『廃墟という名の産業遺産』刊行記念トークイベント「秘密の廃墟、廃墟の秘密。」(栗原亨×田端宏章×酒井竜次)ジュンク堂新宿店にて開催

2008年8月

(株)インディヴィジョン、(株)アスクアドメディアが合併し、八画(株)が誕生

2008年7月

廃墟という名の産業遺産』堂々の発売!

2008年7月

秘宝館トークイベント「秘宝館について、どうしてもキミに伝えたいことがある」(舟橋蔵人×ササタニーチェ×村上賢司)ジュンク堂新宿店にて開催

2008年3月

ジュンク堂書店新宿店のローカル本コーナーを担当していた石川春菜「なんかいっぱい出してる本みたいなのは、売り物ですか?」と編集部に電話。以降、単独フェア、トークなどに協力。

2008年2月

舟橋蔵人、沖縄に脱走。その後、沖縄のタウン情報誌「おきなわ倶楽部」編集部員に就任

2007年8月

話題が騒然!!『ニッポンの廃墟』、ワンコインブックレットシリーズ(『消えゆくニッポンの秘宝館』、『SILENT×RUINS』、『Are you ready to say good-bye』、『MYSTERY ZONE』、『やりすぎ廃墟音頭』、『最大廃墟 神岡鉱山』、『離島の戦争遺跡』なんと8冊も同時刊行する、体力に満ち溢れた季節

2007年4月

廃墟コンピレーションCD『廃墟へ行くつもりじゃなかった』発売

2007年3月

元祖国際秘宝館の閉館が決まり、最終営業日に東海秘密倶楽部主催のオフ会を開催!

2006年7月

限定1000部で『元祖国際秘宝館 公式ガイドブック』を発売

東海秘密倶楽部オリジナルTシャツ「ユラ男Tee」も同時発売

2005年7月

インディヴィジョン内のDPEショップで働いていた舟橋蔵人と、インディヴィジョンの元チーフデザイナー(現八画文化会館アートディレクター)吉川英男、イトゥーらとともに、WEBサイト「東海秘密倶楽部」開始

2005年4月

酒井、現在の八画(株)社長と知り合い、サラリーマンを2年足らずで辞め、(株)インディヴィジョンの立上げに参加

2003年4月

酒井、元気なサラリーマンとして社会復帰

2003年1月

愛知県漂流(最終号)総力特集:ミステリーだぜおっ母さん!!』発売。最終号と位置づける。愛知県漂流、解散

2002年11月

久々の街ネタシリーズ&おバカ表紙『愛知県漂流(6号)特集:廃墟じゃぱん東海編』発売。遠藤によりホームページも大リニューアル

2002年9月

名古屋のアングラ・アートシーンに肉迫した『愛知県漂流(5号)特集:カワイイはむずかしい』ページ増量で発売。カワイイは本当に難しかったぜ!

2002年7月

石原敏行が全面的に手掛けた鮮やかな表紙が清々しい『愛知県漂流(4号)特集:今年の夏はもらった!!』発売。漂流のカルチャーサイドがてんこ盛りの内容

2002年6月

やがて漂流の「おバカ」サイドを全面に担うこととなる阿部良(現「みちくさ学会」主催)が必然的に合流。古本マニアのセトノオトコホマレ(現「五っ葉文庫」店主)出現。出会いの6月となる

2002年5月

愛知県漂流(3号)特集:夜景』無事完成&発売!! 担当者の尽力により、県内の大学内の生協での販売が実現!!

2002年3月

愛知県漂流(2号)特集:「愛知県裏観光マップ」』発売!! 創刊号の小演劇のチケットプレゼントに応募してきた、遠藤文庫を捕獲。しかも、未だにチケットは渡しておらず

2002年1月

愛知県漂流(創刊号)特集:潜伏!! 7つのアンダーグラウンドカルチャー!!』発売開始

2001年 春

『愛知県漂流(創刊準備号)』発表。初の書店営業開始

2000年 冬

酒井、脱サラ。名古屋市熱田区のアパート内に編集室開設

1999年 夏

雑誌『ビジター』日の目を見ず、撃沈

1998年 冬

雑誌『ビジター』立ち上げ準備

1998年 夏

『野球狂騒時代(第2号)』制作途中にて、投げ出す

1998年 春

ミニコミ誌『野球狂騒時代』制作。知り合いに強制的に売りつける
大不評。

1997年 秋

学生時代の機関紙発行で顔見知りだった酒井竜次、内田琢也らが集まり編集集団立ち上げ

●八画文化会館ゲストライター

遠藤文庫 Bunko Endo

遊牧民。長野県塩尻市在住。大学在学中に『愛知県漂流』の主要編集スタッフとして活躍。大学卒業後、塩尻市に移り住み遊牧生活をはじめる。遊牧生活の実態は明らかではないが、着信を残せば、折り返し電話してくれるので、世捨て人というわけではないようです。物怖じしない性格と大きな声が武器。遊牧民なのにIT関係にめっぽう強い。独特なタッチのイラストレーターとして活躍した経歴も有り。
 

舟橋蔵人 Kurando Funahashi

スィーツ編集者。名古屋出身沖縄在住。陽気なボヘミアン。占い師の長男として生誕。地元の3年制ハイスクールを4年かけて卒業。ポリテックセンター名古屋港港湾荷役科を2ヶ月で中退。その後様々な職を転々。2005年、東海秘密倶楽部に参加。2008年脱退。東海秘密倶楽部時代に『元祖国際秘宝館公式ガイドブック』『消えゆくニッポンの秘宝館』の編集を手がけている。現在は沖縄で情報誌の編集人として奮闘中。

イル・カポネ Ill-Kapone

2009年に解散した廃墟サイト『talkin' trash』の主宰者。重箱の隅をつつくような観察力と、肩の力を抜きすぎたテキスト、被写体を美しく撮るということに対する潔い諦めっぷりが見事な写真技術など、ユルい雰囲気がウケて、一部から熱狂的な人気を博す。国内外の音楽に造詣が深く、かっこいいレコードをたくさん所有しています。本人もバンドでドラムスを叩いています。また『やりすぎ廃墟音頭』の著者としても知られる。
 

よごれん Yogoren

相当タフな男。そこに優しさと真面目さがプラスされて、なぜか突然変異して「ブラック」な人間に生まれ変った男。知られざる岐阜県の迷所を暴くウェブサイト『TEAM酷道』の主宰者。ジャーナリスト肌で、その活動は一貫していてブレることがない。危険を顧みず大胆な行動に出るかと思えば、状況を冷静に分析するクールな一面も備え持つ。著書に『最大廃墟神岡鉱山』)『酷道を走る』(彩図社/2009年)などがある。

マツピン Matsupin

広島の戦慄系廃墟探索サイト『PARADISEを探して』の主宰者。確かな腕前の廃墟写真に定評があります。しかし珠玉の動画集でオモシロネタを乱発するなど、シュールなキャラクターを確立しつつあるようです。八画文化会館の名コメンテーターとして、その地位は不動のもの。自称、桑田佳祐。瓜まっぷたつ、という証言あり。本名、タケピン。八画文化会館館内では、マツピンに昇格。
 

くまお Kumao

広島の右の方で活躍する廃墟ライダー。『廃れゆく部屋』管理人。古いものとバイクをこよなく愛す。名前から想像されるのんびりした無害なイメージとは裏腹に、ギャグレベルはかなりのハイクラス。廃村や廃校など地味になりがちなジャンルでも、確実に笑いをとれる独特の間合いを使いこなすギャクメーカーです。マツピンと並び、名コメントを繰り出し、館内スタッフの本文よりも面白いこと、多々。

知扇 Chisen

広島の珍スポ探索家。守備範囲の広さ、フットワークの軽さで、全国のとぼけた名所を総ナメにする実力派。感度の高いオモシロレーダーを搭載し、珍スポットの周辺も見事にハンティングしてゆく女流ハンター。「知扇(ちせん)」という風流な名前は自身の雅号(書道の)。twitter上で、ウィルスメールを送ってくる、という高度なテクで話しかけるきっかけを作るなど、知能犯としても名高い。
 

丈平あんこ Anko Jodaira

廃墟(とくに心霊スポット)が大好きな、千葉在住の廃墟ニスト。暇なのか探索に誘うと、いつもふたつ返事で来てくれます。廃墟写真はあまり上手ではありませんが、ゴソゴソと廃墟探索するのは上手です。廃ラブホや、精神病院の廃墟など、気味の悪いところを這いずり回るのを得意としています。関東に住んでいますが、東京の廃墟はあまり責めていないそうです。


●八画文化会館スタッフ

サカイ Ryuji Sakai

今までの人生において何度もホームページを作ってきましたが、いつも途中で飽きてしまい、適当に放置してきました。今回はそのようなことがないように、頑張ろうと思うのですが、毎回ホームページを作るたびに思っていることなので、今回も自信がありません。また、実務レベルでの技術力がゼロのため、具体的に頑張る術がないことも大きな悲しみの1つです。大きな声でスタッフを応援するとか、そういった方面で頑張りたいと思います。
 

イシカワ Harukichi Ishikawa

チープ、ショボい、程度が低いと指摘されることに、無関心でいられる大雑把な性格をしております。むしろ世の中のWEBサイトはもっとチープでショボい、落書きみたいな感じでいいんじゃないのだろうか、とすら思っております。本人の性格としましては、一般的な女性から乙女心を引いてラジカルさをプラスした、でも引っ込み思案でビビリという役立たずな性格で構成されております。文字ばっかりの本を好んで読む、読書好きでもあります。

イトゥー Ituuulio

イトゥーは何ひとつ変わらないよ。八画文化会館の潤滑油に徹しておます。デザイン(チープ風味)・テキスト(思いついたことを深く考えずにパパッと書き記す)・ウェブ構築と、何でもこなします。様々な作業を合理化し、効率を高めるように頑張っておます。「見る前に跳べ・考える前に行動しろ」。こんな言葉を座右の銘として愛しておます。「自主規制」という言葉の意味を理解していないので、ときどき過激さが増してヤンチャをしてしまうこともたびたびでおます。
 

ヤマウチ Tetsuya Yamauchi

風俗誌の編集長として活躍していたという特殊な経歴を持つ、八画文化会館の飛び道具。イトゥーと同じく、「見る前に跳べ・考える前に行動しろ」を座右の銘とし、複数の仕事を素早くこなしていきます。値切りの技術は天下逸品です。風俗ネタ、ヤバイ裏情報などを、どこからともなくききつけて披露してくれます。

リョータ Ryota Kuroyanagi

汚い水槽に生息してそうな八画文化会館スタッフのなかでは、異色の真面目なオシャレ・ボーイ。仕事中にマンガとかを読んでサボらない、高潔な人格のため、みんなから色々な仕事がまわってきて、いつも忙しそうにしておます。面白いことが書けるか不安がっていましたが、たまに見せる不思議な言語センスには定評があります。
     


八画出版部では、廃墟や秘宝館などの単行本と、年に一度、雑誌のようなものを出版しています。
サブカルチャー、美術写真集、地図ガイド、雑誌などのコーナーにて併売いただければ嬉しいです。
●一般流通アイテムのご注文方法 下記一般流通アイテムは、取次店にご注文下さい。
■『ニッポンの廃墟』(インディヴィジョン)※品切れ・重版未定
■『廃墟という名の産業遺産』(インディヴィジョン)
■『I LOVE 秘宝館』(八画出版部)
■『八画文化会館 創刊号』(八画出版部)
日本地図共販
(TEL:03-3293-3847 FAX:03-3295-8487)

日本地図共販とお取引がない書店さまへは、日本地図共販を経由して
『トーハン』『日販』『大阪屋』などの大取次店へ書籍をお届けしています。
ご注文は(株)テーゼ03-6908-7270(担当:石川)までお願いいたします。
返品はフリー入帳ですが、逆送される場合「日本地図共販扱い」と銘記して、各取次店さまにお戻し下さい。
●インディーズアイテムのご注文方法 八画出版部ではISBNコードのないインディーズアイテムも制作しています。
下記アイテムは直販扱いでお取引きいただけます。ご検討下さい!!

ワンコインブックレットシリーズ
■『SILENT×RUINS』(インディヴィジョン)
■『やりすぎ廃墟音頭』(インディヴィジョン)
■『Are you ready to say good-bye?』(インディヴィジョン)
■『離島の戦争遺跡』(インディヴィジョン)
■『MYSTERY ZONE』(インディヴィジョン)

DVD
■『韓国済州島秘宝館×三館』(ローカル銀座)
■『石和秘宝館ロマンの館』(ローカル銀座)

グッズ
■『ゆら男Tシャツ 白色/サイズL・M』(インディヴィジョン)

CD
■『廃墟へ行くつもりじゃなかった』(インディヴィジョン)
【掛率】買切60%、委託70%
【請求方法】委託の場合、期間ごと(1ヶ月、3ヶ月、6カ月)の在庫調査による実売請求ほか
【支払い日】末締め翌月払い
【振り込み手数料】請求額が5000円未満の場合は、ご負担をお願いしております。
【送料】納品時は弊社負担、返品時は書店さまにご負担をお願いしております。
●インディペンデント本屋さんで
 扱ってくれているお店です
タコシェ(東京
中央線カルチャーのヘソ。

模索舎(東京
アナキスト達の最後の砦。

COMIC ZIN(東京)
秋葉原、新宿にある毎日がコミケな感じのお店だよ!

ひぐらし文庫(東京)
雑司ヶ谷に新しく誕生。新刊、古本、雑貨、貸本もやってるよ!

BOOKSルーエ(東京)
吉祥寺の本当にいい本屋さんです。

大須マニアックス(名古屋)
私たちの第二の故郷、名古屋で新しいカルチャーを受け入れてくれるお店。

ガケ書房(京都)
車がつっこんでいるお店として有名な京都のラディカル・インディペンデントブックストア。

スタンダードブックストア(大阪)
心斎橋の有名なインディペンデント書店。デカくて快適。

海文堂書店(神戸)
港町ならではの海の本の数々に圧倒!でもエロ本コーナーにも力を入れる神戸の良心。
●チェーン書店で特に応援してくれた
 お店です
【東京都】
丸善&ジュンク堂書店渋谷店
03-5456-2111 渋谷区道玄坂2-24-1東急百貨店7F
ブックファースト渋谷文化村通り店
03-5459-3531 渋谷区宇田川町23−3渋谷第一勧銀共同ビル地下1F_2F
パルコブックセンター渋谷店
03-3477-8736 渋谷区宇田川町15-1渋谷パルコpart1 B1F
山下書店渋谷南口店
03-5778-0539 渋谷区渋谷3-19-1オミビル1F
有隣堂アトレ恵比寿店
03-5475-8384 渋谷区恵比寿南1-5-5アトレ恵比寿5F
紀伊国屋書店新宿南店
03-5361-3301 渋谷区千駄ヶ谷5-24-2タカシマヤタイムズスクエア
ヴィレッジヴァンガード新宿ルミネエスト
03-5368-2466 新宿区新宿3丁目38-1ルミネエスト新宿
ブックファースト新宿店
03-5339-7611 新宿区西新宿1-7-3モード学園コクーンタワー地下1階・地下2階
ヴィレッジヴァンガード高円寺
03-5305-5536 杉並区高円寺南3-46-10アクティオーレ高円寺南1階・2階
ジュンク堂書店吉祥寺店
0422-28-5333 武蔵野市吉祥寺本町1-11-5コピス吉祥寺B館6F・7F
ヴィレッジヴァンガードニュースタイル吉祥寺ロフト
0422-28-5350 武蔵野市吉祥寺本町1-10-1吉祥寺ロフト5F
リブロ吉祥寺店
0422-21-8122 武蔵野市吉祥寺本町1-5-1吉祥寺パルコB2F
ヴィレッジヴァンガードオンザコーナー
0422-28-7739 武蔵野市吉祥寺本町1-5-1吉祥寺パルコ6F
ジュンク堂書店池袋本店
03-5956-6111 豊島区南池袋2-15-5
ヴィレッジヴァンガードマルイシティ池袋
03-5985-0225 豊島区西池袋3-28-13マルイシティ池袋8階
リブロ池袋本店
03-5949-2910 豊島区南池袋1-28-1西武池袋本店書籍館・別館
書泉グランデ
03-3295-0011 千代田区神田神保町1-3-2
書泉ブックタワー
03-5296-0051 千代田区神田佐久間町1-11-1
ヴィレッジヴァンガード下北沢
03-3460-6145 世田谷区北沢2-10-15マルシェ下北沢
ヴィレッジヴァンガード三軒茶屋
03-5779-8852 世田谷区三軒茶屋1丁目34番12号
リブロ青山店
03-3408-0701 港区北青山2-12-16北青山吉川ビルB1F
八重洲ブックセンター本店
03-3281-1811 中央区八重洲2-5-1
ヴィレッジヴァンガード自由が丘
03-5726-2701 目黒区自由が丘1-25-8自由が丘ミキオビルB1F
あゆみブックス小石川店
03-5842-6101 文京区小石川2-22-2和順ビル1F
ヴィレッジヴァンガードマルイシティ上野
03-5812-0955 台東区上野6-15-1マルイシティ上野5F
明正堂書店アトレ上野店
03-5826-5866 台東区上野7-1-1アトレ上野No.5080
ヴィレッジヴァンガードダイバーシティ東京プラザ
03-3527-6125 江東区青海1丁目1番地10号ダイバーシティ東京プラザ5階50800
ペーパーウォールecute立川店
042-526-3131 立川市柴崎町3-1-1エキュート立川2F(立川駅改札内)
【北海道・東北】
丸善&ジュンク堂書店札幌店
011-223-1911 札幌市中央区南1条西1丁目8-2丸井今井南館B2F-5F
ジュンク堂書店仙台本店
022-716-4511 宮城県青葉区中央4-1-1仙台イービーンズ3・5・6・7F
ジュンク堂書店仙台ロフト店
022-726-5660 宮城県仙台市青葉区中央1-10-10仙台ロフト7F
ヴィレッジヴァンガードイオンモール名取
022-382-9526 宮城県名取市杜せきのした5丁目3番地1イオンモール名取2F
【関東】
ヴィレッジヴァンガードモザイクモール港北
045-910-0525 神奈川県横浜市都筑区中川中央1-31-1モザイクモール港北4F
丸善津田沼店
047-470-8311 千葉県習志野市谷津7-7-1ブロックB棟2・3階
ヴィレッジヴァンガード+PLUS
048-990-1232 埼玉県越谷市東町2丁目8番地イオンレイクタウンMORI1F
ヴィレッジヴァンガードイオンモール土浦
029-835-8826 茨城県土浦市上高津367番イオンモール土浦SC2階
【中部】
ちくさ正文館
052-741-1137 愛知県名古屋市千種区内山3-28-1
ヴィレッジヴァンガードイオンモールmozoワンダーシティ
052-509-1035 愛知県名古屋市西区二方町40番地2階
ヴィレッジヴァンガードイオンモール扶桑
0587-86-0238 愛知県丹羽郡扶桑町大字南山名高塚5の1
ジュンク堂書店新潟店
025-374-4411 新潟県新潟市中央区笹口1-1プラーカ1 1階・地階
【関西】
丸善&ジュンク堂書店梅田店
06-6292-7383 大阪市北区茶屋町7-20チャスカ茶屋町 地下1階~7階
ジュンク堂書店千日前店
06-6635-5330 大阪市中央区難波千日前12-7Y.E.S.NAMBAビル1F~3F
ヴィレッジヴァンガードイオンモールりんくう泉南
072-480-5234 大阪府泉南市りんくう南浜3-12イオンモールりんくう泉南2F
ヴィレッジヴァンガードイオンモール久御山
075-633-6150 京都府久世郡久御山町森南大内156-1イオン久御山2F
ヴィレッジヴァンガード京都西院
075-325-4588 京都府京都市右京区西院三蔵町9リエス西院1階
ヴィレッジヴァンガードイオンモール橿原
0744-21-8273 奈良県橿原市曲川町7-20-1イオンモール橿原3F
ジュンク堂書店三宮店
078-392-1001 兵庫県神戸市中央区三宮町1-6-18
海文堂書店
078-331-6501 兵庫県神戸市中央区元町通3丁目5番10号
ヴィレッジヴァンガードイオンモール伊丹昆陽
072-787-8879 兵庫県伊丹市 池尻4-1-1イオンモール伊丹昆陽SC4F
【中国・四国】
ヴィレッジヴァンガードゆめタウン広島本店
082-250-6538 広島県広島市南区皆実町2丁目8-17ゆめタウン広島本店3F
ヴィレッジヴァンガードリム・ふくやま
084-973-1702 広島県福山市西町1-1-1エフピコRiM6F
ヴィレッジヴァンガードイオンモール倉敷
086-435-1787 岡山県倉敷市水江1イオンモール倉敷2F
ヴィレッジヴァンガードゆめシティ
083-250-1071 山口県下関市伊倉新町三丁目1番1号ゆめシティ3F
ヴィレッジヴァンガードフジグラン石井
088-675-2750 徳島県名西郡石井町高川原天神544-1フジグラン石井2F
ヴィレッジヴァンガードエミフルMASAKI
089-960-3670 愛媛県伊予郡松前町筒井850番エミフルMASAKI2F
【九州】
ヴィレッジヴァンガードイオン香稚浜
092-663-7171 福岡県福岡市東区香椎浜3丁目12-1イオンモール香椎浜SC1F
ヴィレッジヴァンガード福岡大名
092-718-1230 福岡県福岡市中央区大名1-2-16キララパーク1F
ジュンク堂書店福岡店
092-738-3322 福岡県福岡市中央区天神1-10-13メディアモール天神B1F~4F
ヴィレッジヴァンガード熊本パルコ
096-311-7360 熊本県熊本市手取本町5-1熊本パルコ9F
ヴィレッジヴァンガードイオンモール宇城
0964-47-5033 熊本県宇城市小川町河江1-1イオンモール宇城1F
ヴィレッジヴァンガード夢彩都長崎
095-822-2317 長崎県長崎市元船町10-1夢彩都長崎4F
※本屋さんの棚は生きています。昨日あっても今日あるとは限りません。お早めに。掲載店舗でご購入の際には、事前に電話で在庫の有無を確認されることを、お薦めいたします。諸事情により、書店の検索機で検索できない場合が多いです。ねばり強く、書店員さんにたずねてみて下さい。

確実な方法は、コチラの公式通販ページです。
ここで買ってくれると嬉しいです、おまけもつけるよ!
【社名】 八画出版部(旧社名:インディヴィジョン)
【住所】 〒169-0074 東京都新宿区北新宿1-12-11 エトワールビル北新宿3F
【TEL】 03-6908-7266 (八画編集部:内容に関するお問い合わせ)
03-6908-7270 (テーゼ営業部:販売に関するお問い合わせ)
【FAX】 03-6908-7269
【MAIL】 culture_union@hakkaku.cc

※電話をかけて下さる方へ。少人数のため、たまに事務所に誰もいません。
繋がらなくても潰れたわけではありませんので、ぜひ諦めずに日を変えて再チャレンジしてみて下さい。申し訳ありません!